FC2ブログ

記事一覧

泣きたい私は猫をかぶる

2020      104分  日本Netflixより       この作品のTVCMを見て存在を知り、太郎(猫)が可愛かったので見ました。Netflixで全世界へ独占配信されています。当初は劇場公開予定だったのが中止になり、Netflixが良い金額で契約してくれてNetflix独占公開になったそうです。Netflix素晴らしい‼️👏Netflixって本当にお金持ちなんですね。YouTubeのトレイラー動画には日本のアニメファンの海外の人からの英語のコ...

続きを読む

ぼくを葬る

2005     81分 フランス「8人の女たち」「ふたりの5つの分かれ路」の鬼才フランソワ・オゾン監督が、「まぼろし」に続いて描く“死”をめぐる3部作の第2作目。ある日突然余命3ヶ月と知った主人公が、自らの死と向き合い過ごす最期の時間を静かに見つめる。主演はフランス期待の若手実力派メルヴィル・プポー。主人公の祖母役で大女優ジャンヌ・モローが出演。 パリで活躍する気鋭の人気ファッション・フォトグ...

続きを読む

夏用に

皆様こんにちにゃ😺只今こちらは大雨洪水雷濃霧注意報が出ておりましてとにかく雨が酷いです😭雨音が激しくて怖いです。今日は予定がありましたがこの天候では延期になりそうかな。先日久しぶりに夏用のバッグを買いました。   人生で初めてバンブーハンドルのバッグを買いました。その昔のグッチのバンブーバッグが流行った時一時のブームかなあと思って買いませんでした😑大きさは丁度いい感じで容量も充分入りそうです。重さも...

続きを読む

Red

2020      123分  日本直木賞作家・島本理生の同名小説を「幼な子われらに生まれ」「ビブリア古書堂の事件手帖」の三島有紀子監督が、主演に夏帆と妻夫木聡を迎えて映画化した官能ラブロマンス。一流商社に勤める夫とかわいい娘に恵まれ、何不自由ないはずの主婦が、かつて愛した男との偶然の再会で、知らず知らず溜め込んでいた鬱屈が解放され、快楽の世界へと突き進んでいくさまを描く。共演は柄本佑、間宮祥...

続きを読む

終わっちゃいました

久米さんの唯一の番組が本日終了してしまいました‼️最終回生で聞けて良かったです。喪失感が大きいです。御本人が仰っていましたが、久米さんはラジオの仕事を始めたのは1970年で今年で50年。「十分やったと言えばやったのですが」確かに50年は長いですが、それでもリスナーはもっとずっと聞いていたかったです。これから土曜日は何を楽しみに生きていけばいいのやら🙇💨14年間お疲れさまでした💐✨久米ネットはこれからもチェックしま...

続きを読む

お線香の匂い

具合が悪かったり疲れたり精神状態が良くない時はアレクサにヒーリング系の音をかけてもらうかYouTubeで同じ様にします。先日上の動画を見ていた時にはっきりとお線香の匂いがしました。初めてのことでびっくりしました。その時ただぼーっと画面をみて音を聞いていました。思わずスマホに顔を近づけて匂いを嗅いでしまいました。でもスマホから匂っているのではないのです(当たり前だけど)。家にお線香やそういう香りのものはあり...

続きを読む

平成サヨナラ歌舞伎町

とても面白かったし全く知らない街ですがしみじみしました。長さもサクッと見るのに丁度良いのではないでしょうか。写真がとても素晴らしいなあと思いました。ゴン太さんの詩は筆跡も素敵ですね。ストリートの相田みつをみたいです。人生で歌舞伎町に行ったのは、大昔某ゲイバーにお友だちに数回連れて行ってもらったのが全てです。普通のショーパブで、とても綺麗なお姉さん、可愛いお姉さん、お笑い担当、歌の人、躍りの人、何処...

続きを読む

懐かしのメタルチラシ他(昔話)

今朝地震があって(結構長く揺れていました)被害は無かったのですが、自分が寝ぼけていておドジをやらかしました😖私の寝室の神棚に御札とコップに入れたお水が置いてあるのですが、いつも地震の時はそのお水がこぼれない様にします。今朝もそのお水を持って隣の棚にこんな風に置いたのでしたが(何故置いたのか分からない)(これお酒?💧透明の水の画像が無かった💦)そしたら自分でこのコップを倒してしまったのです。慌てていたのか眠...

続きを読む

いちごの唄

2019    114分  日本人気脚本家の岡田惠和がTV「ひよっこ」の出演者でもあった峯田和伸のバンド“銀杏BOYZ”の楽曲をモチーフに紡いだ同名連作短編集を、「ひよっこ」の古舘佑太郎と「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」「きみの鳥はうたえる」の石橋静河主演で映画化した青春ラブストーリー。監督は岡田脚本のドラマ「泣くな、はらちゃん」「ど根性ガエル」を手掛けた菅原伸太郎。本作が劇場映画デビューとなる...

続きを読む

はめ殺し窓 向田邦子

異動で閑職となった江口は、くたびれた家の2階をふと見上げると、“はめ殺し窓”から、自分の母親のタカそっくりになった、一人娘の律子がのぞいていたのに気がついた。一番似てほしくない人間にますます似てきた…。江口は娘の姿を見て、5年前に亡くなった生前のタカの姿を思い浮かべてゆく。痩せて貧相な父に対し、母タカは背が高く、美貌の持ち主であった。しかも、父以外の男性とも関係が…。嫉妬に苦しんだ父の人生。父の二の舞...

続きを読む

プロフィール

kamieru

Author:kamieru
かみえるです☺️🌷
三匹のにゃんずと地味に暮らしています。
映画、猫、テニス、通販で買ったもの、その他日常のことを書こうと思います。
ご訪問、コメント歓迎です❤️
よろしくお願いします☺️✨

月別アーカイブ