fc2ブログ

記事一覧

サウルの息子





 2015   107分   ハンガリー

2015年のカンヌ国際映画祭グランプリ受賞をはじめ、数々の映画賞を賑わした衝撃のホロコースト映画。収容所で死体処理係を命じられ、繰り返される惨劇の中で人間性を失いかけていたユダヤ人の男が、ひとりの少年の死をきっかけに、その亡骸を自らの危険を顧みず正しく埋葬することに全身全霊を傾けていく姿を、独創的かつ緊張感あふれる筆致で描き出していく。主演はルーリグ・ゲーザ。監督はタル・ベーラ監督の「倫敦(ロンドン)から来た男」で助監督を務め、本作が長編デビューとなるハンガリーの期待の新鋭ネメシュ・ラースロー。
1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所。ここに収容されているハンガリー系ユダヤ人のサウルは、同胞をガス室へと送り込み、その死体処理も行う“ゾンダーコマンド”として働いていた。ある日、ガス室でまだ息のある少年を発見する。結局亡くなってしまったその少年を、サウルは自分の息子と思い込む。そしてナチスの監視の目を盗み、ユダヤ教の教義にのっとった正しい埋葬で弔ってあげようと決意するのだったが…。


allcinmaより







戦時中のお話。収容所にいたサウルがある少年の遺体を何とか埋葬しようとする。
事前に知っていたのはこれだけ。アカデミー賞受賞作というのも知っていました。基本ヒューマンドラマを見る為に生きているのでこれだけは見逃したくないと思って行きました。


今までに見た戦争関連の映画の中で一番きつかった様な気がしました。冒頭にタイトルが出る直前に「ある音」が心臓を突き刺しました。「これ(この音)ってきっと本当にこうだったんだ。」と思うと絶句した。以降最後までずっと重苦しさが続いた。見終わった後とても不幸な気持ちになった。戦争は悲惨だ。戦争をする人類は愚かだ。理由がなんであれ殺戮を繰り返すこと以上の悪はこの世に無い。只々そう思った。

ホロコーストが題材なので重苦しい内容であることは間違いないですが、これから観ようという方は体調や精神状態が悪い時の御鑑賞には十分ご注意くださいませ。
あからさまな残酷シーンは無いし死体もぼかしてあるのですがぼかしてあると余計恐ろしいものがあります。


終始フューチャーされる画面からはみ出そうなサウルのアップの表情に圧倒される。カメラは大半がサウルの視点で描かれているので見ている方もサウルになった気持ちになってしまう。音響も含めとても臨場感があった。でも台詞の訳(字幕)が少なすぎた気がする。

ゾンダ―コマンドの存在も実際に彼らが収容所での凄惨な光景を密かに映した写真の存在も全く知らなかったのでとても勉強になった。
ゾンダ―コマンドが着ている服の背中に描かれた赤い×印も忘れられない。
ソフトのジャケットにもなっているのを見ました。






しかしサウルの気持ちは理解できなかった。サウルが息子だと言う少年は実の息子ではない様だった。ストーリーの中にも遺体の少年が彼の息子だという説明は全く出て来ない。実際息子ではないのだと思う。でもサウルは少年を息子と思い込み、少年を「ユダヤ教の教義にのっとった正しい埋葬で」弔うことに命を賭ける。
その為に脱獄を企む仲間たちや全く関係ない人にも迷惑をかけるがサウルは意に介さない。彼には少年の埋葬以外眼中に無い。傍から見ると理解に苦しむ。実の息子なら分かるがそうではないのに何故命を賭けるのか首を捻ってしまったがそれが彼のアイデンティティ―であり、あの瞬間を生きる糧だったのだと思うと少し理解ができた。
極限状態においては無意識に生きる理由を探してしまうのかもしれず、それがサウルには少年の埋葬だったのだと。

それ自体は理解できるけれど他の囚人たちのことは完全に無視というのは単なる自己中ではと。最後まで人間らしくありたいと言うならば他の誰かの命を犠牲にするのはおかしい。そこは疑問だった"(-""-)"(imdbにサウルは本当に頭がおかしくなったのかもしれないというレヴューもあった)ハンガリー人の精神性やユダヤ教に関係あるのかな?と思ったがそれについては全く知識がないので分からない。おそらくはサウルにしか分からないことなのだと思った。


この映画は見る人によって評価が分れるのかなと思いました。これはホロコーストを描いた作品ではなく、強制収容所にいたサウル個人の2日間の人生を描いたものとして見るのか、そうではなくてサウルを通してホロコーストの悲劇を描いたものとして見るのかで。これは映画でありドキュメンタリーだがホロコーストを描くには脚本が貧弱すぎるという意見や、自分はハンガリー人なので我々の作品が脚光を浴びたのは嬉しいが、ハンガリー人の監督がホロコーストを題材にした作品を作ったというだけ。これはサウルの視点を追っているだけで、ホロコーストについては何も描かれていない。これよりも他のホロコースト関連の映画やドキュメンタリーを見ることをお勧めするなどの意見もありました。これらの意見は観点の違いで評価が全く分かれる分かり易い例なのかなと思いました。一方で史実をよく調べた良作であるという意見もあります。私はホロコーストに関しては存在しか知らず、アウシュビッツサバイバーのドキュメンタリーは見たことがありますがゾンダ―コマンドも知らなかった位なので(-_-)。
実際にホロコーストを体験した人がこの作品を見てどう思うのかを聞いてみたいと思いました。


こぼれ話も興味深い話が多く(以下いずれもwikiより)、
>本作はその斬新な手法、およびネメシュに長編映画の監督経験がなかったことから、資金集めが難航した。当初はフランス人を主人公にしたフランス映画になる予定だったが、最終的に映画は全面的にハンガリーで製作された。フランス、イスラエル、ドイツ、オーストリアの会社から軒並み共同出資を断られた後、150万ユーロの製作費は最終的にハンガリー国立映画基金が70%、ハンガリー国内の税額控除が25%、ニューヨークのユダヤ人団体クレイムズ・カンファレンス(英語版)が5%を負担する形で賄われた。

よく諦めないでやり通しましたね!諦めなければ形になるのですね~

>ネメシュは演じるキャラクターの言語を実際に話す役者を配役することにこだわった。主役のサウルには、当初脇役の候補として検討されていたブルックリンに住むハンガリー人の詩人ルーリク・ゲーザが配役された。☆ルーリグは1980年代を最後にカメラの前で演技したことがなかった。


☆とてもそうは見えなかった!!(◎_◎;)しかも詩人🍀

因みにwiki(『サウルの息子』)には映画のネタバレがありますので閲覧される方は御注意ください。


今作を通してゾンダ―コマンドをフューチャーした最初の映画
『灰の記憶』の存在を知りました。(こちらの方が良いという人もいる様ですね。)ハーヴェイ・カイテルが出ているというだけで既に見たいと思いました。『灰の記憶』ではガス室で奇跡的に生き残り医師の手当で一命を取り留めた少女をゾンダ―コマンドのユダヤ人男性が匿うというストーリーだそうです。(医師の手記を元にした事実ベースらしいです。サウルの息子もこの医師の手記とゾンダ―コマンドたちの証言を記録した本、歴史学者の意見などをベースにした様です。)サウルの息子で件の少年も瀕死の状態でまだ生きていたのですが彼はその少女とは反対の運命となります。少年の瀕死の状態を見た医師が「前にもこういうことがあった。その時は女の子だった。」と言っていましたがこの台詞は『灰の記憶』へのオマージュなのだろうかと思いました。


色々書きましたが一度見たら忘れられない作品ではあると思います。映画としてはインパクトのある作品なのでしょうがこういう題材は私はドキュメンタリーの方が見たいと個人的には思います。でもゾンダ―コマンドにフォーカスしたドキュメンタリーはきっと無いから(?)彼らの存在を世に知らしめただけでもこの映画は貴重なのだと思います。

初めの方にも書きましたがこういう映画を見ると、こういう悲惨な世界がまだたった70年前に実際にあったのだ、人類とは何と愚かなのかと思います。今日本でもオバマ大統領が広島を訪問することが話題になっていますね。平成のこの世でも地球は平和にはなっておらず、あってはならない形で人々の命が日々失われています。今一度命というものの尊さを全ての人に考えて欲しいと思いました。



いつもの映画館にて
★★★★★★



コメント

No title

追記

今月アウシュビッツサバイバーの映画を見る予定です。(TVですが。)前から見たかったのものなので楽しみにしています。

No title

シーラさん

>そこから人の心の自由を束縛したナチスへの怒り、今のISにも繋がっていると思います。

正に。

ラストシーンが深く心に残っています。双方(目撃者とサウル)の表情。それぞれが象徴するもの。

本当に戦争は悲しいm(__)m

No title

ゾンダ―コマンドを描いた内容であっても、そこから人の心の自由を束縛したナチスへの怒り、今のISにも繋がっていると思います。主人公の視野の映像しかない独特の演出はイマジネーションを駆り立てられました。素晴らしい映画です、TBさせてくださいね。

No title

テッドさん

耐えられないような極端な残酷シーンはそれほど無いのですが全編重苦しいです。

こういう任務を与えられた人たちにスポットをあてたということに意義があると思います。

No title

これは話題作でしたね。
アカデミー外国映画賞を確か受賞しましたよね。
この内容で恐れ戦き、まだ見れていません…。
ただ、目を背けてはいけない歴史なんだとは思います。
いつか勇気が湧いたら、見てみようと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kamieru

Author:kamieru
かみえるです☺️🌷
三匹のにゃんずと地味に暮らしています。
映画、私の猫のこと、テニス、通販で買ったもの、その他日常のことを書こうと思います。
ご訪問、コメント歓迎です❤️
よろしくお願いします☺️✨

月別アーカイブ

カテゴリ