FC2ブログ

記事一覧

真夜中のカーボーイ





1969  113分  アメリカ


金持ち女の相手をして金を稼ごうと、テキサスの片田舎からニューヨークへやって来たジョー(ヴォイト)。だが現実の壁は厳しく、カウボーイを気取る彼の夢は遠のいていくばかり。そんなジョーが知り合ったのがラッツォと呼ばれる一人の男。始終咳き込み足を引きずって歩くその小男と、ジョー。大都会のはみだし者同士、次第に友情を深めていく二人だが、ラッツォの病状は日増しに悪くなっていた。ジョーは、フロリダへ行くというラッツォの夢を叶えようとするのだが……。
ふんだんに取り入れられた60年代末のアメリカの風俗描写の中、夢はあれどもそれをどう実現していくかが判らないまま、日々に押し流されていく孤独な男たちを、イギリスからやって来たJ・シュレシンジャーが活写したアメリカン・ニュー・シネマの傑作。そしてジョー、ラッツォそのものといったヴォイト、ホフマンの存在感の凄さ(オスカーは逃したものの、二人そろってアカデミー主演男優賞にノミネートされている)。その題材と描写から、成人映画扱いのXレイトとなるが、アカデミー賞(作品・監督・脚色)を受けた後、レイティングは撤回された。ニルソンの主題歌『噂の男』と、J・バリーの切ないメイン・テーマも秀逸。公開25周年を記念して製作された「特別版」(アメリカでは限定公開もされた)には、50分に及ぶメイキングやインタヴュー、それにヴォイトのスクリーン・テストのフィルムなども収録されており興味深い。

allcinemaより



わらの犬を見た後これを見たいと思い、沢山あるディスクの中からタイムリーにこれが入っているものをたまたま発見し(以前録画したもの)あっさり見れました。
わらの犬より千倍好きでしたね。名作だと思います。

二人とも境遇が不幸だった為まともな生き方ができなかった様に見えました。((父親は)「靴墨で肺をやられて死んだ。」(知人のお父さんが炭鉱で働き、肺を病んで亡くなった話を思いだした)。「俺のお祖母ちゃんは知らない間に死んでた。」一番衝撃だったのはお祖母ちゃんのBFが幼少のジョーに川でしたこと!!)そもそも男娼になろうと上京するというのも凄い話だけど、そういう人もいるでしょうね。ギア様の『アメリカン・ジゴロ』みたいに。ギア様演じるああいうプロなら生き残れるでしょうけどぽっと出のカウボーイじゃ無理かなぁ💧

その日暮らしの二人でもお互いを思いやる気持ちは持っていた。それによってジョーは生きるきっかけを見つけることができた。ラッツォにとってもジョーとの出逢いは大きなものでしたね。彼に会わなければ廃屋で孤独死していたでしょうから。
ジョーのトラウマやパーティーシーンのカオス状態が時代を象徴していてインパクトがあった。

これの前に見た映画もたまたま主人公が殆ど廃屋の様なところに住んでいて、そのあまりの殺伐さに気が滅入り、見るのをやめたくなったけど、今更ながらにああいう真冬に暖房もないところ(Gや鼠も普通に出そう)に暮らしていたら精神も病むなぁと。やっぱり住む所って大事ですね。それ故ラッツォはフロリダに行きたかった訳だ。(でもなぜフロリダなんだろう。寒くないというのは分かるけど)

今までDホフマンを名優と思ったことは無かったが(評価の高い『レインマン』を見ても凄いと思わなかった)これを見て初めて名優だと知った。
❗(@_@)❗足の不自由な人の歩き方も何気なくやっているけど違和感が無かったし、何より顔面に脂汗が吹き出し、今にも死にそうな鬼気迫る表情が凄かった(メイクさんが素晴らしいというのもあるだろうけどそれでも)。


ジョーが滞在しているホテルの家賃が払えず持ち物を没収された時、ホテルの人に
「スーツケースだけは返してくれ。大事なんだ。」と懇願していた。彼は刺繍の入ったシャツとカウボーイハットとブーツ(テキサススタイル?)にいつも拘っていた。



お洒落なスーツケースですね♪


でもフロリダに着いた時あれだけ大事にしていたカウボーイブーツをゴミ箱にあっさり捨てるシーンが印象的だった。生き方はその気になればいつでも変えられる。でもジョーはまだ若かったからかな。あのあとジョーの人生がどうなったのか気になります。トレインスポッティングの場合彼らは中年になっても駄目な人たちだったけど、ジョーはまともに幸せになってくれたのならいいなぁ。

因みにカウボーイじゃなくてカーボーイなのがとても違和感があるけど、時代的なものでしょうね。


TV(BS)にて
★★★★★★★★









コメント

No title

しーらさん

お久しぶりです。

テキサススタイルに拘っても生きていけないということを悟ったんだなあと思いました。
都会の片隅で片寄あった友の分まで幸せになってほしいですね。

No title

ご無沙汰してます。
この映画大好きです。「あれだけ大事にしていたカウボーイブーツをゴミ箱にあっさり捨てる」、見過ごしていました。その後、ジョーはどうしているんでしょうかね、映画のその後っていつも気になりますよね。TBさせてくださいね。

No title

アンダンテさん

いい時代だったのですね❗私の好きなアルトマン作品やイージーライダーや明日に向かって撃てや数々の名作がリバイバル上映ではなくて映画館で上映されていたのかと思うと黄金時代だったんだなあと思います。

No title

懐かしい!学生時代に高田馬場の名画座で二本立てで観ました。もう一本はなんだったかなぁ?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kamieru

Author:kamieru
かみえるです☺️🌷
三匹のにゃんずと地味に暮らしています。
映画や猫、テニス(錦織くん)、
日常のことを書こうと思います。
ご訪問、コメント歓迎です❤️
よろしくお願いします☺️✨

月別アーカイブ