FC2ブログ

記事一覧

デトロイト




2017  142分 アメリカ


キャスリン・ビグロー監督が「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」に続いて再び脚本にマーク・ボールを迎え、1967年の“デトロイト暴動”のさなかに起きた衝撃の事件を映画化し、今なお続く銃社会の恐怖と根深い人種対立の闇を浮き彫りにした戦慄の実録サスペンス。黒人宿泊客で賑わうモールを舞台に、いたずらの発砲騒ぎがきっかけで、警察官に拘束された黒人宿泊客たちを待ち受ける理不尽な悲劇の一部始終を圧倒的な臨場感で描き出す。主演は「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のジョン・ボイエガと「メイズ・ランナー」のウィル・ポールター、共演にアルジー・スミス、ジョン・クラシンスキー、アンソニー・マッキー。
1967年7月、デトロイト。黒人たちによる暴動が激化し、鎮圧に乗り出した軍や地元警察との衝突で街はまるで戦場と化していた。そんな中、運悪く暴動に巻き込まれ身動きできなくなった人気バンド“ザ・ドラマティックス”のメンバー、ラリーが宿泊していたアルジェ・モーテルで銃声が鳴り響く。それは黒人宿泊客の一人がレース用の空砲をふざけて鳴らしたものだった。しかし、それを狙撃手による発砲と思い込んだ大勢の警察官がモーテルになだれ込んでくる。やがて、偶然居合わせただけの若者たちが、白人警官のおぞましい尋問の餌食となっていくのだったが…。

allcinemaより




デトロイト暴動とは何だったのかということを知りたくて観ました。色々勉強になりましたが、救い様のない内容で心が殺伐としました。冒頭の方で警官曰く「ベトナムより酷い。」本当に酷いとしか言えない光景。ブラインドの隙間から外を覗いた少女が狙撃犯と間違われ有無を言わさず狙撃される。こういうのをみていると人間ていうのは何十年も(何百年も何千年も)同じことをやっていて(武力行使をやめない)進歩が無く、本当に愚かなんだなといつも思いますが、この映画は今のアメリカの現状(トランプ大統領の言動、銃問題など)とピンポイントで重なっているところが余計にやるせなく感じます。

この映画は当時の記録映像と実写(俳優たちの演技)を織り混ぜながら進んでいくドキュメンタリータッチになっていましたが、まず驚いたのが当時のニュース映像でアナウンサ-が、実写映像でも白人警官が黒人に対して、普通にニグロと言う言葉を言っていたこと。私がうん十年前に英語を勉強していた時最も言ってはいけない言葉の一つとして覚えましたが、当時はこんなに普通に使われていた、そういう時代だったんだなと。差別発言(言葉の暴力)、体罰、殺人。悪徳警官の悪事の限りはこれがたった50年前のことなのかと信じられない酷さでした。それと私が気になったのはミシガン警察の車に乗って去っていく警官が言った「彼ら(デトロイト警察)に任せよう。人権問題に関わりたくない。」との言葉。この事なかれ主義が悪の根元と思いました。

この事件は真相が明らかになっていないということで、ここで描かれていることが全てと思ってはいけないと思いますが、監督の意図は、たった50年前に私たちの国でこんなに酷いことがあった。そして現代でも悲劇は続いている。ということだと思うので、それは十分に伝わったと思います。
私はこの作品がオスカーの各部門にノミネートされていなかったのは何故??と思います。少なくとも某作品賞ノミネート作品よりはずっと重厚で意義のある作品と感じました。因みに私がこれを観た映画館では今作は一日一度だけの上映です。シェイプ・オブ・ウォーターは5回。別にそれ(5回)はいいのですが(私も大好きです半魚人💓)、デトロイトだってせめて二回は上映してもいいのに。やっぱりこういう社会派作品はオスカーでも受賞しないと集客が無いのでしょうね。残念🙇


黒人の俳優たちが皆好演で心に残りました。人を殺めても罪の意識もなく、白けた顔で煙草をふかしていた主犯の白人警官クラウスを演じたウィル・ポールタ-も凄い(演技とは言え街を歩いていて石を投げられないかと心配してしまった
)。デメンズを演じたジャック・レイナーは最近観た『ローズの秘密の頁(ぺージ)』でのマイケル役もいい感じだったけど、それよりもデメンズの役が『リチャードの秘密』のリチャード役と非常に重なるところがありびっくりでした。(ご興味のある方は是非見てみてください。何を言ってるかを理解して頂けます。)


ラリーが聖歌を歌うシーンでは涙がこぼれました。この暴動は彼の人生を変えてしまったと思うと複雑な気持ちになりました。
「白人が聴いて踊る音楽はやりたくない。」私がラリーでも同じ気持ちになったと思います。

モーテルで被害にあった人たちのその後の説明は簡単ではありましたが、なるほどと思えたのですが、クラウスら白人警官たちの現在が語られなかったところが気になりました。

サントラはモータウンの曲が沢山かかり、気分が上がり⤴⤴ました🎵💓
<


これの前にかなり激しいバイオレンス作品を見て、その前にグログロ(流血半端ない)のを見て、そしてこれを見て心がボロボロになり精神を病みそうです

何か和めるものを見なければ

★★★★★★★

コメント

No title

アンダンテさん

50年です。人間て進歩しませんよね。と
いうか何でああいう人が大統領に選出されるのかなというのが、そもそも理解に苦しむのですが。
この作品の役者がオスカーにノミネートされていないのは残念です。

No title

ほぼ40年前の出来事、とはいえ現在でも白人警官による黒人暴行や殺害は後を絶たず…。差別主義を隠そうともしない人物がトップに立っているようでは光明は未だ見えないです。
おっしゃる通りクラウスが巧かったです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kamieru

Author:kamieru
かみえるです☺️🌷
三匹のにゃんずと地味に暮らしています。
映画や猫、テニス(錦織くん)、
日常のことを書こうと思います。
ご訪問、コメント歓迎です❤️
よろしくお願いします☺️✨

月別アーカイブ