FC2ブログ

記事一覧

哭声/コクソン




  2016  156分 韓国


「チェイサー」「哀しき獣」のナ・ホンジン監督が、静かで平和な村を舞台に贈る戦慄のサスペンス・スリラー。謎の日本人中年男性の出現と相前後して原因不明の不気味な殺人事件が立て続けに発生する中、捜査を担当する地元の平凡な警察官を待ち受けるおぞましくも不条理な運命を、予測不能の展開で衝撃的に描き出す。主演は「弁護人」のクァク・ドウォン、共演に「国際市場で逢いましょう」のファン・ジョンミン。また、國村隼が謎に包まれたよそ者の日本人を怪演し、韓国を代表する映画賞のひとつ“青龍映画賞”でみごと助演男優賞に輝き、同映画史上初めての外国人受賞者となる快挙を果たした。
のどかな田舎の村。いつの頃からか、山の中の一軒家に一人の日本人が住み着き、村人たちの間にこのよそ者に対する不気味な噂が広まり始めていた。そんな中、村人が自分の家族を惨殺する謎の猟奇事件が連続して発生する。いずれの事件でも、犯人の村人は体中を奇妙な湿疹に覆われ、正気を失った状態で現場に残っていた。気のいい村の警察官ジョングは、よそ者の日本人が関係していると睨んで捜査を進めるが、ある日自分の幼い娘ヒョジンにも犯人と同じ湿疹を発見する。娘だけは何としても守らなければと、祈祷師のイルグァンを村に呼び寄せるジョングだったが…。


allcinemaより



噂の怪(快?)作やっと見ました。尺が長すぎるという意見が多いようですが、私は飽きずに見ることができました。とても面白かったし(独自の世界観に引き込まれた)、凄く怖くてキモかったです



私も例に漏れずエンドロールが始まった時点で、
え?(@_@)(真相は各自でご想像くださいか・・・すっきりしないなあ)と思いました。

★★以下ネタバレ注意★★

一見ではあまりよく意味が分かりませんでした。聖書を引っ張り出してきて冒頭に引用されている節を読んでしまいました。そこから魚釣りのシーンに繋がるというのは理解できました。
とりあえず女性は聖なる存在だと直観しました(ジョングを引き留める表情や言動が悪しき存在とは思えなかったのです)。それから解説やレビューを色々見て、色々なるほどと思うところがあり、結局女性は聖なる存在。祈祷師は悪しき存在と思った(車の反対車線を走っていることや植物のお守りを避けていた、血を吐いた(あれは結界に触れたから)、燃えた筈の写真を持っていたことなどから)。
でも國村さん演じるよそ者日本人が何なのか分かりません。最後のシーンで発した言葉から明らかに悪しき存在と思いましたが(では何故手に聖痕があったのか。意味が分からない。)あれは復活した存在で(悪しき者として復活した)、その前は何だったのかというのが分からない。監督はイエスだと言っているらしいですが、そうだとしても言動に理解できない点がある。イエスが悪しきものとして復活するのは有り得ない。
ということで考えても堂々巡りだけど、おそらくは初めから祈祷師とぐるで悪しき存在なのだと思う(白い服の女性の言う通り)。レビューも複数読んだがその中にカットされたシーンを動画サイトで見たというものがあり、それは日本人と祈祷師が一緒に車に乗るラストシーンだったと言う。(その動画を探したけど見つけることはできなかった。)もしそれが本当ならやはり男性二人が黒で女性が白だったということなのだと思う。

ジャンルとしてはホラー(土着信仰、エクソシズム、パンデミック、ゾンビ、集団ヒステリー?)、サスペンス、家族愛と色々な要素が入っていて、ともすると単にぐたぐたになりかねない内容を、最後まで飽きさせず、何これ面白い❗(@_@)❗と思わせるナ・ホンジンはやっぱり凄い才能だなと思いました。


この監督は特別かもしれないけど、韓国映画のエネルギーって本当に凄いといつも思う。邦画はこのエネルギーの3分の1も無い気がする。今作や『アシュラ』を見て、本当に韓国映画のこのエネルギーは何なのかと改めて思った。

韓国と言えば映画レビューから話は逸れるけど、キム・ギドク(私に韓国映画の素晴らしさを開眼させてくれた監督)のセクハラ騒動に失望した。天才と思ったがセクハラおやじとは・・・でも氷山の一角なのかもと思うと辛いです。折角素晴らしい作品でもこの作品の影でセクハラがあったのかと思うと、純粋に映画を見る気持ちが無くなってしまうので、極力そういうことは無いように徹底して頂きたいですね。一映画ファンの願いです。


話を戻します。
ゾンビシーンの意味が分かりませんでした。ゾンビが頭に鋤?が刺さり、それを抜くシーンではちょっと笑ってしまいました(笑)。日本人おじさんは必死に祈祷してゾンビを作っていたので、その理由を考えると村の混乱を増幅させようとしていたとしか思えないので(それ以外に死人を甦らせる理由なんて見つかりません。)やはり悪い人なんだと思います。
それとも自分を狙う人たちから防御する為?そうなのかも。

祈祷と言えばファン・ジョンミン演じる祈祷師の祈祷シーン。あれはパワフルで迫力があるのですが(本人も演技中トランス状態に入ったとか)反面胡散臭くも見えます。実際に韓国で祈祷師をしてる方の感想を聞いてみたいです。


この映画は動物を殺生、虐待するシーンがあるので、アニマルラバーにはお勧めできません。私もそういうシーンは直視できませんでした。この点は個人的に残念でやめてほしいです。


今作はTV放送を録画したのですが、怖いしキモいし先述した動物のことでもう見ないと思い一度見たらすぐに消してしまったのですが、後からもう一度見たいと思い又録画してしまいました。その位気になる作品でした。でも『チェイサー』(初めて見た時面白すぎて感動した)の方がすっきりまとまっていますよね。


TV(BS)にて
★★★★★★★

コメント

ラティファさん

こちらもコメントありがとうございます。
嬉しいですね😃🎵ギドクの話とかできる人ってあまりいませんので。
ギドクは天才ですよね❗セクハラおやじでしたけど🙇

ファン・ジョンミンも素晴らしいですが、私が天才だなあと思うのはソル・ギョングです。
正直映画館に行くのはまだ怖いのですが『悪の偶像』を観に行きたいです。

No title

こちらにも
>キム・ギドク(私に韓国映画の素晴らしさを開眼させてくれた監督)のセクハラ騒動に失望した。天才と思ったがセクハラおやじとは・・・

ううう・・・
同じです。
少し前まで、私のブログで、ちゃんとカテゴリーとして、キム・ギドクを作っていた位に、お気に入りの監督さんだっただけに、ショックでした・・・。

この映画で、たぶんファンジョンミンを初めて見たのですが、その時は、あれ?ちょっとカッコイイかも・・のおじさまいる・・・って程度だったんですが、その後、「新しき世界」を見て、好きな俳優さんになりました。

この映画では日本の俳優さんも出ていて、色々謎の多い内容ですが、印象に残る作品ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kamieru

Author:kamieru
かみえるです☺️🌷
三匹のにゃんずと地味に暮らしています。
映画や猫、テニス(錦織くん)、
日常のことを書こうと思います。
ご訪問、コメント歓迎です❤️
よろしくお願いします☺️✨

月別アーカイブ