FC2ブログ

記事一覧

人間椅子 江戸川乱歩

江戸川乱歩が1925年に発表した短編。

あらすじ

外交官を夫に持つ閨秀作家(女性作家のこと)の佳子は、毎朝夫の登庁を見送った後、書斎に籠もり、ファンレターに目を通してから創作にとりかかることが日課だった。ある日、「私」から1通の手紙が届く。それは「私」の犯した罪悪の告白だった。

椅子専門の家具職人である「私」は、容貌が醜いため周囲の人間から蔑まされ、貧しいためにその悔しさを紛らわす術も持たなかった。しかし、私は職人としての腕はそれなりに評価されており、度々凝った椅子の注文が舞い込んだ。

ある日、外国人専門のホテルに納品される椅子を製作していた私は出来心から、椅子の中に人間が一人入り込める空洞を作り、水と食料と共にその中に入り込んだ。自分が椅子の中に入り込んだ時に、その椅子はホテルに納品されてしまう。それ以来、私は昼は椅子の中にこもり、夜になると椅子から這い出て、盗みを働くようになった。盗みで一財産出来たころ、私は外国人の少女が自分の上に座る感触を革ごしに感じることに喜びを感じた。それ以来、私は女性の感触を革ごしに感じることに夢中になった。やがて、私は言葉がわからない外国人ではなく日本人の女性の感触を感じたいと願うようになった。

私がそんな願いを持つようになったころ、ホテルの持ち主が変わり、私が潜んでいた椅子は古道具屋に売られてしまう。古道具屋で私の椅子を買い求めていたのは日本人の官吏だった。私は念願の日本人の女性の感触を得られると胸を躍らせるが…。

Wikiより

前からずっと読みたいと思っていたのですが、深夜便で朗読があると聞き、楽しみに待ち、聞きました。


☆感想☆(★ネタバレ注意★)

一言で言って「変態」。そうとしか言いようが無いです(笑)。奥様が「私」の膝の上でうとうとする時は、奥様が気づかないようにそっと膝を揺らすという行には心底ぞっとしました😱

これ(椅子の中で生活する。誰かが椅子(「私」の上)に座っても「私」の存在には気づかない)は普通に考えて絶対に有り得ないけど(革一枚を隔てているだけで生身の人間の存在に気づかないなんて有り得ない)「私」が語るとさも現実の様。だから「私」からの手紙を読んでいた奥さまも取り乱してしまった。

このお話ラストが秀逸ですよね。手紙(バーチャル)から現実に移行するところがとても怖い。それが二段階の演出(鉢植えのハンカチと突然届く手紙)のところが巧い。この落ちが変態話から見事なサスペンス劇場に一転しているのでした。

江戸川乱歩は沢山は読んでいませんが、以前短編集を読んだ時ちょっと変態入ってるかもと感じたことはありました。「ひとでなしの恋」などはそれっぽいですよね?それとこのお話の「私」の様に容姿が悪いなどの理由から孤独で屈折している主人公にスポットを当てるのが好きなのかなと思いました。その典型が「踊る一寸法師」ではと。これは猟奇的な話でしたが凄くインパクトがあり、哀しみに満ちていて物凄く大好きでした。

因みに人間椅子って映画化されているんですよね。録画してあるのですが未見です。あまり評価は高くないようですが?この話を映像化したらどうなるのかな(・・?と興味があります。


深夜便での朗読は小野卓司アナでした。「私」になりきっていて素晴らしかったです。元から報道畑の方らしく、今もいつもラジオでニュースを読んでいるのですが、その時とあまりにも違うのでアナウンサーって本当に凄いなと恐れ入りました。

それと「私」は夜な夜な椅子から這い出て、盗みを働いていた(元はそれが第一目的だった)とありますが、今の次代には防犯カメラの普及で不可能ですね。安全になって良いことですが、こういう創作はもう成り立たないと思うと寂しいですね。

コメント

No title

ふくさん

朗読よく聴いています☺✨読書より楽ですが、読む人によって雰囲気が違うので好みが分かれるかもしれないですね。

No title

こんばんは
このストーリー知ってる気がします
昔読んだのか映像で観たのか定かではないんですが・・・
江戸川乱歩は学生の頃読んでいたので、今読むともっと深い感想が持てそうです
朗読、いいですね!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kamieru

Author:kamieru
かみえるです☺️🌷
三匹のにゃんずと地味に暮らしています。
映画や猫、テニス(錦織くん)、
日常のことを書こうと思います。
ご訪問、コメント歓迎です❤️
よろしくお願いします☺️✨

月別アーカイブ