FC2ブログ

記事一覧

バーニング・オーシャン






2016   107分  アメリカ



マーク・ウォールバーグが「ローン・サバイバー」のピーター・バーグ監督と再びタッグを組み、2010年に起きたメキシコ湾原油流出事故を完全映画化した実録災害アクション・ドラマ。現場で未曾有の大事故に遭遇した作業員たちが、被害の拡大を抑えるべく繰り広げる命がけの奮闘と決死のサバイバルの行方をサスペンスフルかつエモーショナルに描き出す。共演はカート・ラッセル、ジョン・マルコヴィッチ、ケイト・ハドソン、ディラン・オブライエン。
2010年4月20日。電気技師のマイクは、愛する妻子に後ろ髪を引かれつつ、メキシコ湾沖に浮かぶ石油掘削施設ディープウォーター・ホライゾンへと向かう。現場に着くとすぐに設備の点検に取りかかったマイクは、トラブルや故障の多さに懸念を抱く。上司のジミーが雇い主であるBP社の管理職ヴィドリンに抗議するが、彼は利益のために経費削減を優先するのは当たり前とまるで意に介さず、ついには工期の遅れを取り戻そうと重要な安全テストを無視してしまう。その夜、マイクたちの不安は現実のものとなり、大量の原油が漏れ出し、大爆発を引き起こしてしまうのだったが…。


allcinemaより










とにかく事が起きてからの一連の映像が凄まじいです。まるで噴火の様なオイル柱、爆発の連続、炎の海。地獄絵図とはまさにこのこと。ずっと緊迫の映像が続きます。

救助作業が一段落して、一番下の画像で人々がこのあと膝まづいて主の祈りを唱え始めるのですが、そこから最後まで涙が止まらなくなり😭。陸地に生還したマーク・ウォルバーグがトラウマから床に頽れるシーンが印象的。(彼は現場のシーンより救助された後の方が臨場感があったと思う。)

仲間たちの命を救う為に、身を呈してクレーンの操作に行った男性のシーンが辛かった

カート・ラッセルとジョン・マルコビッチの存在感が流石だった。(カート・ラッセルはガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーで胡散臭い宇宙人の役を見た後だったので、私の中で回復ポイントが急上昇した!笑)
最後に実際の当事者たちのリアル映像が出ます。

個人的には館で観た『ローン・サバイバー』も好きでしたが、こちらの方がより好きでしたね。


炎の海の中を船で救助に向かう人たちの映像に感動し、この様に人々を助ける仕事に就きたかったと思いました。現場に携わるレスキューは、信念、覚悟、体力、才能が無ければできませんが、エマージェンシーコールのオペレーターとか。どっちにしても私には端から無理でしたが、憧れるし尊敬します。


しかしあまりにも悲惨なあってはならない事故でしたね。「人災」ですからね。これは地球にとっての悲劇でした。多くの人々、地球の環境に計り知れないダメージを与えました。『人災』によって。油まみれの鳥が飛び込んできて、苦しんだ後にこときれる映像が忘れられません。怒りが沸き上がります。


TV(BS)にて
★★★★★★★

4月20日追記

事故が起きたのは2010年の今日です。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kamieru

Author:kamieru
かみえるです☺️🌷
三匹のにゃんずと地味に暮らしています。
映画や猫、テニス(錦織くん)、
日常のことを書こうと思います。
ご訪問、コメント歓迎です❤️
よろしくお願いします☺️✨

月別アーカイブ