FC2ブログ

記事一覧

デッドプール2





2018   120分 アメリカ




従来の常識をことごとく覆す型破りなヒーロー像で世界的に空前の大ヒットとなったライアン・レイノルズ主演の痛快アクション・エンタテインメント大作の続編。未来からやって来た最強マシーン人間“ケーブル”に立ち向かうべく、柄にもなくヒーロー・チームの結成に乗り出したデッドプールの活躍を描く。共演はモリーナ・バッカリン、T・J・ミラーら前作からの続投組に加え、新たにジョシュ・ブローリン、ザジー・ビーツが参加。監督は「ジョン・ウィック」「アトミック・ブロンド」のデヴィッド・リーチ。
愛しのヴァネッサを取り戻し、平穏な日々を送るデッドプールことウェイド・ウィルソン。ある日、機械と生物の融合体である超人ケーブルが未来からやってくる。彼の狙いはミュータントの孤児院に暮らす少年ラッセル。最初は乗り気じゃなかったウェイドだが、ヴァネッサに背中を押されて正義のヒーローとなりラッセルを守ることに。しかし一人では太刀打ちできないと悟ったウェイドは、新聞広告で超人たちを募集しチーム“Xフォース”の結成に乗り出すのだったが…。

allcinemaより





アメコミ作品を映画館で観ることは殆ど無いのですが、町山さんが絶賛していたので観に行ってみました。因みに前作は見ていません。マーベルムービー全体も2、3本しか見たことが無く、知識は殆どありません。ヒュー・ジャックマン演じる爪が伸びる人がXメンだよね?レベルです(笑)Xメンも見たことありません。


そんな私が観ても十分に楽しめました。個人的なハイライトは、いざ突撃の場面(上画像)を盛り上げたのがAC/DC。これだけで観に行った甲斐がありましたね。思わずサンダー❗⚡と拳を握りしめてしまいました
この感動はキングスマンの教会殺戮シーン、スキナードのFREE BIRD以来です😆
AC/DCの偉大さを実感しましたね。

この映画は英語が堪能で、マーベル、アメリカ映画史、アメリカン・カルチャーに明るい人でなければ完全に満喫はできないでしょうね。上映中場内誰も笑っていませんでしたが、アメリカでは終始どっかんどっかんなのでしょうね。でも自分が分かるネタだけでも十分楽しいと思います。私が分かったネタはビヨンセ、アイスキューブ、2パック位です(笑)昔のバーブラ・ストライザンドも見れる❗
❗一瞬だけ映る会議室の中の面々とか、ああいうのヲタの方にはたまらないんだろうなあと。
あとサントラが最高なのでそれだけでも楽しいし、色々な映画へのオマージュもヲタ(マニアですね、はい。)の方にはツボなのでしょう。私もTVに来たら(或いはソフトで)ワンシーンずつ検証したいです(笑)


グロいのと基本バイオレンス有りきなので、そこが好みが分かれるでしょうね。グロいのは私は辛うじて耐えられるレベルでしたが、おじさんの上半身に赤ちゃんの足とかああいうのは駄目な人は駄目かも。酸性のゲロやゴミ収集車で『ファーゴ』状態とか笑えるけどキモかったな😱

町山さんの解説ではどの国のどんな人でも繋がっていて、人類は一つなんだ(ライアン・レイノルズも俳優人生で挫折しているので、俺ちゃんの気持ちが分かるという)、これは愛の映画であるという旨の解説に感動して観に行ったのですが、基本的にまあそうだったかなと。ラッセルに俺ちゃんが、施設の理事長は嫌な奴だが世の中には優しい人もいるんだと諭すシーンとかなかなか良かった。

でも何度も観たいかと訊かれれば私は一度で十分かな。やっぱりこれはアメコミが好きな人が観る映画かなと。キングスマンはそうでない人が見ても普通に楽しいと思うけど。これはコアですね。でもこういう映画こそ、映画館で観るのが楽しいと実際観て思いました。

一つ気になったのが何故ユキオとはまともな会話が無いの?「はいユキオ☺✋」だけってとても違和感が。人類皆平等を主張するならユキオともちゃんと「会話」をするべき。ギャラと時間の問題?納得行かないなあ。

たまにはこういう映画も楽しいと思いますが、本当にたまにでいいかなと私は思いました。これぞ映画の楽しさというのもよく分かりますけれど。


★★★★★


コメント

No title

> かずさん


グロいけど面白いです。
好みは分かれるでしょうね。

No title

今までのヒーローものとはまた違うテイストですよね。
前作を見ていないのですが、こうやってシリーズになったのなら見てみたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kamieru

Author:kamieru
かみえるです☺️🌷
三匹のにゃんずと地味に暮らしています。
映画や猫、テニス(錦織くん)、
日常のことを書こうと思います。
ご訪問、コメント歓迎です❤️
よろしくお願いします☺️✨

月別アーカイブ