FC2ブログ

記事一覧

「生きるとか死ぬとか父親とか」 ジェーン・スー

一番近くにいたはずの人が、一番わからない――
父、そして、この世から去った母、家族の肖像を娘が描く。
向田邦子『父の詫び状』、リリー・フランキー『東京タワー』を彷彿とさせる、普遍にして特別な家族の物語。

阿川佐和子さん推薦!
「決して大好きとは言いにくいのに、自分とさほど似ていないと思うのに、娘は父を無視して生きてはいけない」


「私が父について書こうと決めたのには、理由がある」――。
24歳で母を亡くし、我が家は、父と娘の私だけに。それから20年が経ったけれど、いまだに家族は増えていない。気づけば私は40代半ば、父は80歳になろうとしている。
いま猛烈に後悔していることがある。母の人生を、母の口から聞かなかったことを。母の母以外の顔を知らないまま別れてしまったことを。
父については、もう同じ思いをしたくない。
もっと、父のことを知りたい。もう一度、父と娘をやり直したい。それには、これがラストチャンスかもしれない――。
戦時中に生まれ、戦後社会に飛び出て、必死で働いた父。母との出会い、娘の誕生、他の女性の影、全財産の喪失、母の死……。
父への愛憎と家族の裏表を、娘の視点で赤裸々に描く傑作エッセイ。

内容(「BOOK」データベースより)
私が父について書こうと決めたのには、理由がある―。20年前に母を亡くし、気づけば父は80歳、娘は40代半ば。一時は絶縁寸前までいったけれど、いま父の人生を聞いておかなければ、一生後悔する。父と娘をやり直すのは、これが最後のチャンスかもしれない―。父への愛憎と家族の裏表を描く、普遍にして特別な物語。

著者について
1973年、東京生まれの日本人。作詞家、コラムニスト、ラジオパーソナリティ。現在、TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」のMCを務める。『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』(幻冬舎文庫)で第31回講談社エッセイ賞を受賞。著書に『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』(ポプラ文庫)、『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』(文藝春秋)、『今夜もカネで解決だ』(朝日新聞出版)など。コミック原作に『未中年~四十路から先、思い描いたことがなかったもので。~』(漫画:ナナトエリ、バンチコミックス)がある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ジェーン・スー
1973年、東京生まれの日本人。作詞家、コラムニスト、ラジオパーソナリティ。TBSラジオ「ジェーン・スー生活は踊る」のMCを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

Amazonより




久しぶりにハードカバーを買いました。
スーさんは「生活は踊る」で存在を知り、大好きな番組で愛聴しています😀🎵
著作が複数あることは知っていましたが、読むのは本書が初めてです。

スーさんは普段からお身内のことを話されているので、お母様をスーさんが若いときに亡くされたこと、スーさんが「おじさん」と呼ぶ男性と暮らしていること、お父様が現在お金が無いので、スーさんが養われていることなどは既に知っていました。

この本は

「(生活に必要な)お金出すけど、その代わり君(お父さん)のことを書くよ」

「いいよ」

ということで書かれたとラジオでも言っていました☺️📙✨

先日3刷決定と言っていましたが、多分もっと増刷されるのではないでしょうか。


本書の感想は「面白かった」という声が多い様ですが、私の感想を一言で言うと、大変しみじみしました。

固有名詞もイニシャルも出てきませんが、個人的なこと(お父さんの愛人の話など)を結構赤裸々に書いてあるので、よく書いたなあと。


当たり前だけど人に歴史有り、家族に歴史有りです。お父さんの戦争体験、お父さんとお母さんの馴れ初めとヒストリー、お母さんの家庭を支えていく苦労、父娘の確執(と友達の様な父娘関係)、一人娘の苦労、昔スーさん一家がお金持ちだった時代(都内に自社ビルを持っていた❗)から経済破綻の物語、今まで聞いたことが無かった御親戚たちも沢山登場、東京生まれ東京育ちの人ならではの江戸の?老舗のお話も。盛り沢山でした。

基本面白おかしく書かれているので、あははと声を出して笑って笑ってしまう部分もありましたが、やっぱりどの家庭でも色々あるなあ、人生ってやっぱり悲喜交々だとしみじみ(_ _)

何が驚いたかって何と

この本の主役のスーさんのお父さんと自分の誕生日が同じだったこと。因みに3月26日です。自分が読んだ本の主人公と誕生日が同じって人生で初めての経験でしたね。365分の1の確率。あんまり無いよね。しかもこれノンフィクションで実在の人物ですから。スーさんはお父さんのスーツケースを借りた時、そのケースの鍵(数字を組み合わせるタイプ)番号が0326だったことから、お父さんの誕生日を覚えたそうです。

スーさんのお父さんに対しての描写を読んでいると自分のことの様に感じてしまいました。例えば「私は父を喜ばせたいけれどそれはいつもとても難しい。」分かるなあと。
m(_ _)m私も基本気難しいので。私が持ってる占星術の本(人からもらった英語の本です)にも書いてあります。「アリエス(牡羊座)の人とつきあうのはとても大変です。ペースに着いていくのが大変だから。」と。同じ星座の人が皆同じ性格ではないというのは分かりますが、この誕生日の人って「我が道を行く」タイプです。前も書いたけど例えばスティーヴン・タイラー、ダイアナ・ロス、後藤久美子。ダイアナ・ロスはスプリームス時代から我が儘なことでも有名です。でもカリスマで、異性にとてももてるんですよね。そこがスーさんのお父さんも一緒❗思わずうんうんと頷いてしまいました。因みに私はモテませんが😑
私はスーさんのお父さんではありませんが、スーさんの御苦労が分かる気がして、どうもすみせんという気持ちです(お父さんにもごめんなさい😅)。個性的なので周りは本当に合わせるのが大変だと思うので。

でも世の中ってよくできてるなあと思いました。昔はスーさんが「何不自由なく育ててもらって感謝している。」で、今はスーさんがガンガン稼いでお父さんを養っている。
でも世の中にはそうではない人たちが沢山いて、老々介護で肉体的、精神的、経済的に行き詰まり一家心中というパターンも珍しくない昨今です。その点ではとてもラッキーな父娘ですよね。持つべきものは稼げて愛情深い娘でしょう。(と親の立場としては思います。スーさんのお父さん羨ましい。)
スーさんのこういうお話は普段からラジオで聞いていて、本当に凄いなあと思っていました。スーさんに限らず、自立していてバリバリ稼げて且つ周りの人たちの面倒も見れる人って一番尊敬します。スーさんはお父さんとの確執もあったけど、今日のスーさんがあるのは、やはり育った環境が恵まれていたからだと思うので(今のスーさんの人脈を見ると、学生の頃から旧知の人たちが音楽業界にいることと、スーさんもレコード会社で働いていた時の人脈が現在にも繋がっている様なので、元を辿るとやはりご両親がそういう機会を得られる教育を受けさせてくれたからですよね)、それはラッキーなのではないかと。環境ってやっぱり大きいなと思いました。(人脈と言えば先日見た梅沢富美男の番組で、今や実業家として有名な?保阪尚希が、イランでビジネスを展開する時イラン人の知り合いにお世話になっていて、元々はその人たちとは俳優の仕事で知り合ったので(イラン人がギャングの役で保阪尚希が彼に撃たれるシーンが映っていた)「どんな縁が将来に繋がるか分からないので大事にした方がいいですよ☺️」と言っていたのを思いだした。)でもお金持ちの家に生まれても犯罪者になる人もいるし、成功への道を諦めなかったスーさんも立派だと思いました❗✨


お父さんが破産して実家を手放された話はラジオでも聞いていましたが、いつかスーさんがラジオで(もし大金をゲットできたら)、「実家を買い戻したい」と言っていたのがとても印象に残っています。私も母が長年住み慣れた実家を手放した時に(うちの場合は単に別の地に引っ越すからでしたが。)、自分にお金があったならこの土地を買いたかったと思ったので。

因みに本の中で実家を買い戻すには「最低3億かかる」とありましたが、スーさんは本を出せば必ずヒットするから買い戻しできるのではないかと思いました❗😀👌✨


絶対読んだ方がいいというものとは思いませんが、値段(1400円税別)に見合った内容ではあると思いました。エッセイが好きな中年以降の人なら概ね楽しめるのではないかと思います。


因みに表紙に描かれているカラー(花)はスーさんのお母様が好きだったお花だそうで、ホロッとさせました。
内容に合っているタイトルだし、とても素敵な表紙だと思います。スーさんとお父さんが、スーさんのお母様を偲んで二人で話して、一緒に笑うシーンは思わず涙が出ました。


もし映画化されることがあるなら是非見たいですね☺️✨


満足度
★★★★★★★

お勧め度
★★★★★

コメント

No title

かっちゃん

>いやーね~。。。なんかさ~・・・

なんでしょう??

>あ、あなたがこの続き適な。。。「発言」。。
なんか。。解ります・・・。

よく分かりません。
どういう意味でしょう?
すっきりしませんが。


>いつもありがとね。^^

こちらこそ。^^

No title

そんなの。。。
あ。。ごめんなさいね。。。
言い方悪かったですね・・・
いやーね~。。。なんかさ~・・・
あ、あなたがこの続き適な。。。「発言」。。
なんか。。解ります・・・。

いつもありがとね。^^

No title

かっちゃん

おはよう( ´・ω⊂ヽ゛

そんなの。。。ですか。。。

スーさんは24歳の時にお母さんを亡くしていて、独りっ子でその時お父さんも入院していたので、とても大変だったみたいですよ。

どの人にもそれぞれのドラマがあるでしょう。

No title

「生きるとか死ぬとか父親とか」。。。
そんなのすべて体験しました・・・。
気がつけばとっくに僕の「両親」。。。。いませんよ、、、

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kamieru

Author:kamieru
かみえるです☺️🌷
三匹のにゃんずと地味に暮らしています。
映画や猫、テニス(錦織くん)、
日常のことを書こうと思います。
ご訪問、コメント歓迎です❤️
よろしくお願いします☺️✨

月別アーカイブ