FC2ブログ

記事一覧

女と男の観覧車




2017  101分 アメリカ 


ウディ・アレン監督作品初登場となる「リトル・チルドレン」「愛を読むひと」のケイト・ウィンスレットが、ままならない日常に疲れ果て、刹那の情事にすがりつくうらぶれた中年女性を演じる哀愁の愛憎ドラマ。共演はジュノー・テンプル、ジャスティン・ティンバーレイク、ジム・ベルーシ。
1950年代、ニューヨーク郊外のリゾート地コニーアイランド。遊園地のレストランでウェイトレスとして働く元女優のジニー。今は回転木馬の操縦係を務める粗野な男ハンプティと再婚し、自身の連れ子リッチーと3人で、騒々しい遊園地のそばで暮らしていた。夫婦喧嘩が絶えず、息子も問題ばかりを起こして、苛立ちばかりが募る、満たされない日々が続いていた。そんな中、海岸で監視員のバイトをしている脚本家志望の若者ミッキーと出会い、彼との道ならぬ恋に忘れかけていた夢が再燃していくジニー。ところがある日、ギャングと駆け落ちして音信不通だったハンプティの娘キャロライナが突然現われ、命を狙われていると助けを求めてきたことから、運命の歯車が狂い始めるジニーだったが…。

allcinemaより











とても面白かったです。久しぶりに、観に来て良かった、映画って面白いと実感しました。私は本来こういう映画が好きだというところが大きいとは思いますが、1950年代のコニーアイランドへの憧れ、登場人物はどいつもこいつもしょうもないけど、でも人間てこんなもんだよねー(実際こういう人っているよね)と思うところ(リアリティがあってヒーロー物より性に合う)、お洒落なサントラ(ジニーが前夫の話をしている時に流れるジャズのドラムが素敵)、各キャストの演技(ケイトが圧巻)、印象的な映像(雨の日、車の中のキャロライナの顔の陰影が美しすぎる)、等がツボでした。ストーリーはよくある感じですが、上記に魅せられて全く飽きずに観られました。

でもジャスティンの役はもう少し若い人の方が良かったかなと。彼はこれを撮影している時36歳だったので。キャラ的には合ってると思うけど。

因みに上の画像の彼が着ているライフガード用の水着?が印象的でした。衣装さんが当時(1950年代)実際にライフガードが着ているものが全く分からず困っていたそうですが、実際に当時コニーアイランドでライフガードをしていた人を見つけて情報を得たのだそうです。よく見つかりましたね❗それとエキストラたちが着ている衣装は殆どが衣装さんが集めた実際に50年代のものなんだそうです。これも凄いなあと思いました。正に職人魂✨


ウッディ・アレン(いつからウディになったのでしょうか?)は性的虐待疑惑で、彼と仕事したことを後悔している、もう2度と彼とは仕事しないと言う俳優が続出(ケイト・ウィンスレットもそうらしい。と言うことは今作はケイトのウッディ作品見納めなのかも。素晴らしかっただけに勿体無い様な。)そういう醜聞にかなりがっかりして、もうウッディ作品を見たくない気持ちもあったけど、例のME TOOムーブメントで沢山の映画関係者の名前があがり、これもまとめてがっかりしたけれど、それを言ってると見れる映画がかなり減ってしまうので、諦めて観ることにしました。ウッディアレンの性的虐待疑惑の真実は分かりませんが、今作はとても好きだったし、この人には生きてる限り映画を作り続けてほしいと思いました。


★★★★★★★★

コメント

No title

アンダンテさん

ケイトはまり役でしたね。
流石プロと思いました。

No title

いつものアレン好みの皮膚感薄い女優さんではないところが、ふむ…と考えてさせられました。
TBさせて下さいね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kamieru

Author:kamieru
かみえるです☺️🌷
三匹のにゃんずと地味に暮らしています。
映画や猫、テニス(錦織くん)、
日常のことを書こうと思います。
ご訪問、コメント歓迎です❤️
よろしくお願いします☺️✨

月別アーカイブ