FC2ブログ

記事一覧

ナラタージュ




2017   140分  日本


決して報われない恋と知りながらも、いつまでも断ち切ることができないヒロインのヒリヒリとする悲痛な恋愛模様を綴った島本理生の傑作恋愛小説をTV「ひよっこ」、「ストロボ・エッジ」の有村架純と「陽だまりの彼女」の松本潤の主演で映画化。高校時代に部活の顧問教師へ抱いた特別な感情を忘れられない女子大生が、新たな恋に踏み出す中で苦悩を深め激しく揺れ動く姿を描く。共演に坂口健太郎。監督は「世界の中心で、愛をさけぶ」「ピンクとグレー」の行定勲。
大学2年生の春。工藤泉のもとに高校の演劇部で顧問だった教師・葉山から突然の電話がかかってくる。それは、部員が足りない後輩のために、卒業公演に助っ人で参加しほしいというものだった。戸惑い動揺する泉。葉山は泉にとって自分を孤独から救い出してくれた恩人であり、特別な存在だった。そんな葉山との再会で、思い出として封印したはずの感情が再び呼び起こされていく泉。しかし葉山は、そんな泉の気持ちを受け止めることができないある事情を抱えていた。今度こそ、葉山先生とのことは終わりにしようと決意した泉は、同じ演劇部のOB黒川博文が連れてきて一緒に稽古に励んでいた大学生・小野怜二の真摯な告白を受け入れるのだったが…。

allcinemaより







存在を知りませんでしたが、TVで放送されたのを見ました。原作は読んでいません。

一言で言うと、何とも長く苦しい恋だなあと😢

暗くてじめじめしているのが好きなので、基本的には好きでしたが、あまりのめりこめませんでした。

葉山先生が教師として問題があったので、そこが引っかかりました。職員室の様な他の人がいるところならともかく、先生がいる部屋に(個室に)面談日でもない日にほぼ毎日二人でいるのは変だし、卒業式の日の出来事は教師としてはあるまじき行為です。あれには唖然。これが現実なら絶対に社会問題になります。

そういうところに疑問を感じたので、ちょっと引いてしまいました。お互いに恋心があったとしても、実際に恋に移行するのは卒業してしばらく経ってからでしょう。
体育教師の胸ぐらを掴んで怒るシーンなどは、根は生徒思いの人なのだというのは分かりますが、トータルで見るとどうも一貫性が無いですよね。人間性に疑問を感じるし、やっぱりダメンズだと思う。

葉山先生は最後まで何を考えているのかよく分からなかった。

☆☆ネタバレ注意☆☆

疑問だったのは何故奥さんと復縁するのか。自分のせいで嫌な思いをさせてしまったことへの罪滅ぼし?義父に打診されたから?奥さんは他の人と一緒の方が幸せになれるのではとは思わないのか?結局愛していたのは泉ではなく奥さん?本音が分からなかった。

何よりもびっくりだったのは泉との結末(最後の時間)。彼女の希望だったというのは分かるけど、あれも解せなかった。だって愛(恋)ではなかったと思うと言っていたのに。あまりにも一貫性が無さすぎる。でも所詮人の心とはそういうものなのか。私的にはやっぱり解せないけど。

ぶっちゃけ松潤はミスキャストでは。松潤の演技に初めて疑問を感じた。繊細で複雑な葉山先生を演じきれていない。

設定は違うけど不倫ものの括りなら『昼顔』の方がずっと良かったなあ。世界観に没頭できた。全てが分かり易かったし。会ってはいけない→会わずにいられない→一緒に生きることを選ぶ。元奥さんにも誠意を尽くすが、きちんと別れることを選んだ。葉山先生は離婚してないのにそれを言ってなかったり、思わせぶりな態度で泉をかき回し結局去っていく。何のこっちゃだよねー😑

でも泉が好きになったのはよく分かります。私が好きなシーンは泉が裸足で病院に戻った時、葉山先生が跪き彼女の両足を暖める様に両手を置くところ。そして生徒を守れなかった悔しさから地面を拳で叩く。ああいう優しさが好きなんだよね😢よく分かるけど、でも悲しいかな一緒に暮らしても幸せにはなれない人だよね。そんな気がします。

小野君の好青年からスーパーモラハラ男への豹変ぶりがびっくりだった😧。「靴を置いて行って」は完全にサイコ😱好青年時とモラハラ男のギャップがありすぎて逆に不自然さを感じた。それはまあ良しとして(坂口君の演技は素晴らしかったし)柚子ちゃんの一件は唐突すぎるし説明不足で取って着けた感が否めなかった。


基本的に原作に忠実に作られているらしいですが、原作とはラストが違うということで原作の方のラストが気になりました。それと原作では懐中時計にもう少しストーリーがあった様なので、そこを映画でも描いてほしかったです


話ついでに☺️


教師と生徒の恋のお話と言えば、その昔『高校教師』(1993)というドラマがありましたが、あれの真田広之は本当に素晴らしかったね。決定的なハマり役。桜井さんも好きだった。どうされているのかなあと今でもよく思います。女優を引退されて、今は幸せなのだと思うけれど、個人的には女優を続けてほしかったなあ。
このカテで高校教師を越える作品はもう出ないでしょうね。圧倒的にセンセーショナルだった。





それと個人的にハマったのは『魔女の条件』(1999)。ボックスセットまで買ってしまいました。タッキーと松嶋菜々子が初めて出逢うシーンが凄く素敵なんです😭






あと『大切なことはすべて君が教えてくれた』(2011)もハマりました。これで女子高生役を演じていた武井咲は結婚して一時の母になり、男子高校生役で出ていた菅田将暉は今や名実ともにトップ俳優になりました。時の流れは早いなあと実感します。







人生で一番最初に見た先生と生徒の恋愛ものはこちら。




これは始まりから二人はもう結婚しているので厳密には恋愛ものではないし、内容もコメディ系でしたが、当時まだ子供だった自分が、ふーん、高校生と先生が結婚してるんだねと何の驚きも無かったことが、今となってはびっくり(笑)


映画だとこれが好きかなあ。




レア・セドゥの『美しいひと』(2008)
講師にルイ・ガレル、生徒がレア・セドゥというだけで既にツボだった。レア・セドゥは人を引っ掻き回す役がとても合っている。男女問わず皆彼女にボロボロにされるのだ。私はそれを見ていつも悦に入るのだった。


因みにナラタージュのレビューでフランス映画の様だというものがありましたが、個人的にはどこがフランス映画みたいなのか分かりませんでした。。。個人的にはそういう感じは全く無くて。美しいひとはそのまんま全てがフランス映画でした。原作もフランスの小説だし。何処を切っても金太郎飴フランス映画。


ということで、泉にはダメンズの葉山先生は早く過去のものとして、幸せになってほしいです😢


TV(BS)にて
★★★☆

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kamieru

Author:kamieru
かみえるです☺️🌷
三匹のにゃんずと地味に暮らしています。
映画や猫、テニス(錦織くん)、
日常のことを書こうと思います。
ご訪問、コメント歓迎です❤️
よろしくお願いします☺️✨

月別アーカイブ