FC2ブログ

記事一覧

ボヘミアン・ラプソディ





2018   135分  イギリス/アメリカ


伝説のバンド“クイーン”の栄光と知られざる苦闘の物語を、リード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの短くも壮絶な人生を軸に描き出した感動の音楽伝記映画。バンド・メンバー、ブライアン・メイとロジャー・テイラーの全面協力の下、バンドの誕生から、今なお語り継がれる“ライヴ・エイド”での奇跡の復活までが、全編を彩るクイーンの名曲の数々をバックに、自らのコンプレックスと格闘し続けたフレディ・マーキュリーの愛と孤独とともにドラマチックに描かれていく。主演はTV「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」のラミ・マレック。共演にルーシー・ボーイントン、グウィリム・リー、ベン・ハーディ、ジョセフ・マッゼロ。監督は「X-MEN」シリーズのブライアン・シンガー。なお実際には、ブライアン・シンガー監督は撮影最終盤に降板しており、製作総指揮にクレジットされているデクスター・フレッチャーが後を引き継ぎ完成させた。
複雑な生い立ちや容姿へのコンプレックスを抱えた孤独な若者フレディ・マーキュリーは、ブライアン・メイ、ロジャー・テイラーたちと出会い、バンド“クイーン”を結成する。この個性的なメンバーの集まりは、互いに刺激し合うことで音楽的才能を開花させていき、常識にとらわれない革新的な名曲を次々に生み出していく。そしてついに、ロックとオペラを融合させた型破りな楽曲『ボヘミアン・ラプソディ』が完成する。しかし6分という当時としては異例の長さに、ラジオでかけられないとレコード会社の猛反発を受けるフレディたちだったが…。


allcinemaより










やっと観に行けました~😆世代なので是非映画館で観たいと思っていましたが、私は昔からキッス、エアロ派なので物凄く期待していたという訳ではなく、昔を懐かしんで楽しめればいいなと思っていたのですが、何ととても感動しました😭😭😭😭💘💘💘💘
これは素晴らしいヒューマンドラマ、素晴らしい音楽映画、素晴らしい映画です。
なのでクイーンに興味が無い方でも全ての方に観て頂きたいです。きっと誰が観ても感動できると思います。


クイーンでいつも思い出すのは、昔銀座ナウという番組があって、その中に洋楽コーナーがあって、毎週ヒットチャートトップ10を発表していたのですが、ある時期毎週ポールのウィングスがNo.1だったのを抜いて1位に輝いたのがクイーンだったのです。当時ビートルズフリークだった私はその結果にがっかりすると共に、時代が変わったんだなと思いました。て言うか新しい時代になったんだなと。そしてそんな私もそれ以降ハードロックに傾倒していき、主にエアロとキッス、バッドカンパニーなどにハマったのです。ということでその頃からクイーンの存在と一連のヒット曲は知っているが(個人的にはキラークイーンが昔から一番胸キュンチューンだった。今も。)、他は何も知らないのでした。平成になってクイーンがポール・ロジャースと来た時に横浜アリーナに人生で初めてクイーンを観に行き(ポール目当てです、すみません)、ライブが終わる時にブライアンが投げた何かがこちらに飛んできて私の目の前に落ちた。拾ったらコイン(シックスペンス)だった。何でコイン(・_・?)
後で友達に訊くと「ブライアンは音色に拘って、ギターピックじゃなくてコインでギターを弾くんだよ。」
えーそうなんだ⁉️😮‼️
そんなことも知らない位だったから。
以来そのコインはお守りみたいに大事にしています。




実物は画像よりももっと小さいです。こういうのでギターを弾くって凄くアーティスティックだと思う。それとこのコインとても美しいんです。

因みにその横浜アリーナのライブではLOVE OF MY LIFEの時に、ブライアンがオーディエンスに「フレディの為に歌ってください」と言っていたのが心に残っています。

前置き長すぎてごめんなさい(笑)
そんな私にはこの映画は色々勉強になりました。何でも事実とは異なる部分も結構あるらしいですが。例えばフレディが猫大好き人間ということも全然知らなかったので知れて嬉しいです😌❤️因みに彼は劇中にあった様に、本当に出先から家に電話をかけて猫と会話をし、家のTVをつけてクイーンのライブ中継を猫に見せていたのだそうです。素敵すぎるお話😢藤田嗣治もそうだけど猫好きに悪い人はいないよ‼️(と思う😌😺)劇中のフレディと暮らしていた猫がまた超可愛かった。茶とらの子ときじとらの子が特に可愛くて、きじとらの子はいつもぐるぐる言っていてもの凄く可愛かった。猫好きの人はあれを見るだけでも満足すると思う。


色々な場面が興味深かったが、私的に
おおっ😮‼️だったのはここ。






この画像リアルタイムで見た時から強烈に印象に残っているので。

ラミ・マレックがフレディ役に起用された一因がフレディと顎のラインが似ていることだったそうですが、こうして見ると確かにそうですね💡


それと個人的に印象的だったのは口論のシーン。

☆ネタバレ注意☆

ロ「空港から拾ってやったのに」
フ「お前なんか俺がいなければ歯医者になって週末にクラブでブルーズをやっているのがせいぜいだった」

😮😮やっぱりクイーンにも確執や葛藤があったんだなと。知らなかったので意外だった。やっぱり人間が二人以上集まると色々あるんだなと思った。
因みにこのシーンはブライアンとロジャーの一番お気に入りのシーンなのだそうです❗😮
映画会社はこのシーンをカットしようとしたが、ブライアンとロジャーは残すように戦ったという言葉に感動しました。


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/242789br>



他にはフレディが恋人(女性)と窓辺の灯りでシグナルを送るシーンがとても素敵だった。

この映画の主軸はフレディの孤独なのだと感じた。

彼が亡くなる前に脚を切断して、お見舞いに来たブライアンに「こんな姿で驚かせてすまない」と言ったという話が忘れられない。きっととても繊細で気配りの人だったのだと思う。

ライヴエイドのシーンはとても感動した😢💘
ホブ・ゲルドフが全く似ていないのはご愛嬌?😅

残念だったのはどの曲もフルで聴けなかったこと。

私としては他のバンドでもこういう映画を作ってほしいと思うけれど、これはクイーンだから成立したんだなと思いました。どのバンドにもヒストリーがあり、それはどれも映画の様だと思うけれど、きょうび他のハードロックバンドの映画でこれだけ多くの人を集客できるかというときっと無理なのかなと。クイーンがそれをできるのは勿論有名バンドということもあるけれど、彼らの楽曲がドラマチックだからだと思う。正に映画の様に。


月並な感想だけどやっぱりロックは素晴らしい、ロックファンで良かったと思いました。
これはいつも思っているのだけれどクイーンがデビューした頃は私は小学生だったので、あと7年くらい早く生まれて70年代のロックを現地でリアルで満喫して生きたかったなと。この映画を観てまたしみじみそう思ってしまいました。

最近映画を観に行ってもそれなりに楽しめるけれど、心から感動したり生きてて良かったと思うことは殆ど無かった。この映画は魂が元気になりました。

書き忘れてましたが冒頭の20世紀フォックスのファンファーレがロックバージョンになっているのがいきなり耳にアピール‼️わざわざ作ったんだなと思い、確認したらやっぱブライアンとロジャーが作った様です。流石に拘る人たちは違いますね😉👍🎵

エンドロールの本人たちの映像、ブライアンの手元ガン見してしまいました。やっぱりコインで弾いている様でした(多分)。



★★★★★

コメント

No title

きんたさん

私語れるほどクイーンのことは知らないんです😅

昨日ベスト盤を注文しました☺️
昔(中学生)アナログ盤をクラスメートに借りて聴いていたのですが、若すぎたのでアーティスティックすぎて、美しすぎて私には良さがよく分かっていませんでした。キッスやエアロの分かりやすいストレートなロックが好きでした(今も)。大人になってクイーンがどれだけ奇跡のバンドなのかというかとを理解しました。

この映画を観て改めてクイーンは奇跡のバンドだったと思いました。

コインは私が持っている唯一のお宝です。私の目の前に落ちた時に、これは貴重なものなのでクイーンのファンの人が持っていた方がいいと思い、私の隣の席の女性(ずっとロジャーの名を叫んでいた)に「これ要りますか?」と訊くと「お金だから要らない」と。以来私のお宝になりました。ずっと大事にします😌❤️

No title

私は「世界に捧ぐ」から入りました。
Ⅱで好きなのはオウガ・バトル(人喰い鬼の戦い)です。
映画は見てません。コイン、お宝ですね。
ブライアンはロトサウンドという弦を使うと何かで読みました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kamieru

Author:kamieru
かみえるです☺️🌷
三匹のにゃんずと地味に暮らしています。
映画や猫、テニス(錦織くん)、
日常のことを書こうと思います。
ご訪問、コメント歓迎です❤️
よろしくお願いします☺️✨

月別アーカイブ