FC2ブログ

記事一覧

来る




2018  134分  日本



澤村伊智による第22回日本ホラー小説大賞受賞作『ぼぎわんが、来る』を「告白」「渇き。」の中島哲也監督が豪華キャストの共演で映画化した戦慄のホラー・エンタテインメント。謎の怪異に取り憑かれた一組の家族と、その正体を突き止めるべく調査に乗り出したオカルトライターが、民俗学者や霊媒師らの力を借りて想像を絶する最恐の敵に立ち向かっていくさまを鮮烈に描き出す。主演は「関ヶ原」「散り椿」の岡田准一、共演に黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡。
子煩悩な田原秀樹は身の回りで起きている怪異な出来事に不安を抱き、妻の香奈と幼い一人娘・知紗を守るため、友人の民俗学者・津田に相談し、藁にもすがる思いでオカルトライター・野崎のもとを訪ねる。さっそく野崎は日本最強の霊媒師・琴子を姉に持つキャバ嬢・真琴とともに調査を開始する。しかし、その“何か”はとうてい真琴の手に負える相手ではなかった。

allcinemaより






事前知識は

・ホラー系らしい
・伊集院さんと柴田さんが出ている

のみ☺️


序盤の秀樹が子供の頃の記憶の描写がとても不気味で、如何にもホラー的で良い感じと思ったのですが、尚も見ていく内に恐怖シーンの描き方がどうも漫画家チックな印象で。。。

なので原作は漫画なのかと思ったのですが、小説なのですね。

最後まで見てもよく意味が分かりませんでした。

何が「来る」(来た。来ていた。)のか?
その理由は?

最後まで分からない?(・_・;?
小説の方にはそれが書かれているらしいのですが。

子供の時に秀樹が山で行方不明になった女の子に「あんたも連れていかれるよ。あんた嘘つきだから。」と言われるシーンがあり、どうもこの台詞が秀樹のところに「来る」ものと関係がある様だと思いましたが、因果関係は結局描かれていない。

秀樹の周りの登場人物の一人に鍵があり、ああなるほどそういうことだったのかと思う部分はあったのだけれど、それもきちんとした説明は無い。要するに雰囲気ものという感じでした。もう少しちゃんと説明しないと意味が分からず、雰囲気ものとしか言い様がない。

よく意味が分からなくても(説明が無くても)哭声/コクソンの様な傑作もあるけど、私的には今作は何だかな~という感じだった。監督の感性がタイプではなかった。一番気になったのはとにかくBGMが多く(BGMが無いシーンが少ない)、何故こんなに矢鱈とBGMを入れるのだろう、煩いなあと。それと胆の祈祷(お祓い)のシーンがどうしても漫画チックに映り迫力に欠けた。祈祷シーンの間私の脳裏にはずっとコクソンの祈祷のシーンが浮かんでいたのだけれど、コクソンの方は二人、来るは矢鱈沢山いたけれどコクソンの方が遥かに迫力があった。役者の存在感が違うというというところはあるとは思うけれど(國村さんは黙ってそこにいるだけでインパクトがあったからね)やっぱり監督の力量の差だと思う。好みもあるとは思うけど私はそう思う。コクソンの方は後から考えたら意味が分かったけど、来るはさっぱり分からない。あと重箱の角かもしれないけど、マンションの入り口のところにいた祈祷師が口から吐いた血がクランベリージュースにしか見えなかった。松たか子と柴田さんは良かったと思います。柴田さんはいつもラジオに出ているのを聞いているので、その時の

それと妻夫木聡演じる秀樹みたいな、ネットの上でだけイクメンの「なんちゃってイクメン」の人って結構いるみたいですね。そういう人の奥さんがネット上でとても不満だと相談しているのを見たことがあります。
嘘つきはいけません。ぼぎわんが来ますよ❗

この監督の映画はもう見ないと思います。
原作小説はきっと面白いんじゃないかなあという気がしました。

★☆☆
(オマケの☆は柴田さんと伊集院さんに☺️🎵)

コメント

No title

りゅうちゃん

とにかくエキセントリックな世界観を作りたいのだが、どこがポイントなのか分からないという感じの映画でした。

No title

出ているメンバーは豪華ですね(^m^)

かみえるしゃんの感想を読みながらなるほど~~!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kamieru

Author:kamieru
かみえるです☺️🌷
三匹のにゃんずと地味に暮らしています。
映画や猫、テニス(錦織くん)、
日常のことを書こうと思います。
ご訪問、コメント歓迎です❤️
よろしくお願いします☺️✨

月別アーカイブ