FC2ブログ

記事一覧

みかんの丘




2013  87分  エストニア/ジョージア


旧ソ連のジョージア(グルジア)を舞台に、地域間紛争に巻き込まれたみかん農家が、敵対する2人の負傷兵を一つ屋根の下で世話したことから巻き起こる不条理な人間模様を綴った戦争ドラマ。監督は、これが日本初紹介となるザザ・ウルシャゼ。ジョージアのアブハジア自治共和国でみかん栽培をするエストニア人の集落。折しもジョージアとアブハジアの間に紛争が勃発し、ほとんどのエストニア人がこの地を離れる中、イヴォとマルゴスはなおも残って収穫に精を出す。次第に戦況が悪化する中、イヴォは負傷した両軍の兵士2人を自宅で看護する。やがて2人は互いに敵兵の存在を知り、殺意を剥き出しにする。しかしイヴォが“私の家で殺し合いは認めない”と宣言、2人もこれに従うのだったが…。 2015年5月~6月開催の<EUフィルムデーズ2015>にて本邦初上映後、2016年9月に劇場公開が実現。

allcinemaより












最近見た映画の中で最も素晴らしく、最も悲しい映画でした。珠玉の反戦ドラマです。

イヴォは民族に関係なく只そこにある命を大切にする。その姿に心を打たれた。

皆がエストニアに帰国する中イヴォは頑なにこの地に留まっていた。最後に明らかになるその理由。彼がこの地を「大好きで大嫌い。」と言う意味がよく分かる。

助けた兵士の一人が元劇団員で、イヴォが彼に戦争が終わったら芝居を見に行くからと話すシーンの二人の表情が心に残る。

冒頭と終盤にイヴォが機械で木を切って作業をしている映像。そこに込められた思い。

戦争とは只々悲惨なもの。この映画を見るとその思いだけで満たされます。

全ての人に見ていただきたい映画です。


★★★★★★★★★★

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kamieru

Author:kamieru
かみえるです☺️🌷
三匹のにゃんずと地味に暮らしています。
映画や猫、テニス(錦織くん)、
日常のことを書こうと思います。
ご訪問、コメント歓迎です❤️
よろしくお願いします☺️✨

月別アーカイブ