FC2ブログ

記事一覧

タクシー運転手~約束は海を超えて~




2017  137分 韓国


1980年5月に韓国で起きた歴史的な民主化運動での悲劇“光州事件”を背景に、厳しい取材規制の中で現地入りしたドイツ人記者と、彼を乗せることになった平凡なタクシー運転手の知られざる真実の物語を描いた感動ドラマ。主演は「殺人の追憶」「密偵」のソン・ガンホと「戦場のピアニスト」「ワルキューレ」のトーマス・クレッチマン。共演にユ・ヘジン、リュ・ジュンヨル。監督は「義兄弟 SECRET REUNION」「高地戦」のチャン・フン。
1980年、韓国のソウル。妻に先立たれ、幼い娘を抱えて経済的に余裕のない毎日を送る陽気なタクシー運転手のキム・マンソプ。その頃、光州では学生を中心に激しい民主化デモが発生していたが、戒厳令下で厳しい言論規制の中にいるマンソプには詳しい事情など知る由もなかった。そんな中、ドイツ・メディアの東京特派員ピーターが光州での極秘取材を敢行すべく韓国入りする。英語もろくに分からないマンソプだったが、“通行禁止時間までに光州に行ったら大金を支払う”というピーターの言葉に二つ返事で引き受ける。こうして現地の深刻さに気づかぬまま、ピーターを乗せて意気揚々と光州へ向かうマンソプだったが…。

allcinemaより













上映時、館でとても観たかったですが、なんと県内に来なかった様で観れなかったのです❗こんな素晴らしい作品が県内で一つも上映されないってどういうことでしょうか??😡⚡私的にはオスカーにノミネートされているあれやこれよりもずっと観たかったのです。

ということでU-NEXTのポイントで見ました。私がポイントを使うのは本当に見たいものです。誰でもそうでしょうが😆

いやー。。。感動しました。沢山泣いて鼻水が沢山出て、鼻がつまってしまって大変でした😭😤
光州事件は名前だけは知っていましたが、全く知識が無かったのです(今もよく分かっていないけど)。ずぼらな私は『光州5・18』を何年も前にTV放送されたのを録画しましたが、見ないまま今日に至り😓なので予習せずに見ました。他に光州事件に関するものは何も見ていないので、これがどこまで事実なのかは分かりませんが、素晴らしい映画で感動しました。


この作品を特に見たいと思ったのは実話と聞いたからです。この映画を見て、ジャーナリストは現地に行かないとお話にならないし、それが仕事ですが、この映画のモデルとなったタクシードライバーの方は、いくら仕事とは言え、よく現地まで行ったなあと思いました。


この映画を見てからどこまでが真実なのか気になりました。実話ベースとは言えドキュメンタリーではないので事実と違う部分もあるでしょう。指摘が多いカーチェイスの部分などは架空のお話だと誰でも分かりますよね(それでも私は感動しましたが)。

☆☆ちょっとネタバレ注意☆☆

それで気になって少しネットで調べでみたのですが、山道を通って行ったことや、フィルムをお菓子の缶に隠したこと、現地で民衆たちと一緒にトラックに乗って取材したこと、民衆たちがタクシーに乗った二人を拍手で迎えてくれたことなどは事実だそうです。それを聞いて益々感動しました。

私が一番ぐっと来たのはキムがピーターを残して一度現地を離れ、自宅への帰路の途中で立ち寄った食堂で、おかみさんが餓えているキムにおむすびを出してくれて、それに対してキムがありがとうと言ったシーンです。どっと涙が出ました(今も書いていて涙が😢)。光州で食べたあの絶品のおむすびと現地の民の思い。ピーターとの絆。そしてキムはUターンをして光州に戻るのです。それ以降は涙が止まらなくなりました。


そして終盤のあのリアルフィルム。涙なくして見れません。ドライバーの方御本人は二人のあの激動の旅路のたった四年後に亡くなっており、ピーターさんはそれを知らずに生涯彼との再開を望んで捜しつつけたと知り、また滂沱の涙状態になりました。本当に映画の様な話です。だから映画になったのですが本当に凄い話でした。実際のドライバーの方は、外国語が堪能で社会運動にも関心の高い(なので現地まで行ったのですね)とても優秀なドライバーだったそうです。なので遺されたご子息の「父はお金の為に光州に行ったのではないということを世の人に分かってほしい」と言っているというのもよく分かります。

もうお二人はあちらで再会されていますね。やっと会えて良かったです😭

一つ気になったのはこれはキムが主役になっていて、ピーターの存在感をあまり感じられないのが残念です。ピーターの視点から描いた方が良かったと思うというレビューが幾つかありましたが、そうだったらまた趣の違う作品になったでしょうね。


ミーハーネタですが、検問所で二人を行かせてあげた軍人に一目惚れしました😍(あれは事実とは違うらしいですが)。彼の出演映画を見てみようと思いました。


最近見た映画でこの映画とそっくりなシーン(全く同じ演出)がありました。『みかんの丘』です。絵に描いたように同じでした。両方見ている人は何を言っているかすぐに分かると思います。とても心に残る、でもとても悲しいシーンです。何故人類は同じことをずっと繰り返しているのかと思います。


光州5・18を保存してあるディスクを探して見つけました。勉強の為に見ます。
それとピーターさんが撮影したフィルムのドキュメンタリー映画がある様なのですが、ソフト化されていないのか、検索しても見る方法が分かりません。TVで放送してほしいです。

もう一度言うけど、こういう素晴らしい映画が県内に全く来ないというのが本当に信じられないので、そこのところよろしくお願いします🙇


★★★★★★★★

コメント

No title

ジャーナリズムは今も昔も問題はありますね。今の日本、アメリカ、韓国も穏やかではないですね。我が国の将来がとても不安です。

No title

> アンダンテさん


キネ旬はキネ旬になるずっと前に時々行っていました。20年位前かな?その時も結構遠かったですが、いまは遠すぎて行けません。その頃も駐車場に駐めるのがなかなか大変で不便でしたね。柏は結局16号で行くしかなくて、16号はいつも必ず渋滞になるので苦痛です。ここから柏へ行くのは4つの市を通っていきます。下手すると千葉劇場に行くのの3倍位かかりますね。船橋からは東武線ですか?船橋からも結構遠いですよね。私がいつも行っているところは大型駐車場完備なので(千葉劇場は別ですが)柏みたいなスタイルはとても利用しずらいです。とにかく遠いですね。私が行ってた頃にキネ旬だったら良かったのに。ラインナップが好みなので。昔は本当に普通の映画館でしたから。
柏と言えば私は今のアリオの場所が前住んでいた家から近くて結構行ってました。アリオができる百年前です。アリオにはTOHOシネマズが入っているんですよね。私の悩みはTOHOシネマズが近くに無いことです。なので見たいものが東宝系だととてもがっかりします。これも前の家に住んでいた頃にあったら良かったのにと思います。

No title

> 飛行機雲さん


ご訪問、コメントありがとうございます☺️

素晴らしい映画ですね😢事実とは違う部分があっても勉強になったし、感動したので見て良かったです。

みかんの丘素晴らしいですよね。これも本当に見て良かったです。ずっと心に残る作品になりました。

>国同士が争っていても個人と個人の間には友情は成立するということですね。

婚約者の友人を思い出しました。私はオゾンの方で見たのですが、これは男と女の話ですが、戦場で人を殺めた良心の呵責から始まっている物語で、戦争の悲惨さ、命の重さを描いていると思います。

No title

確か柏のキネ旬で観た記憶があります。でも千葉って結構広いし行きづらい場所も多いですね。
実話ベースの作品が作られるのは素晴らしいこと、ジャーナリズムと個人、国家と個人など考えさせられます。今の日本は?韓国は?アメリカは?と。

No title

初めまして。飛行機雲と申します。The caged pantherさんのところから来ました。この映画は私も素晴らしいと思いました。この映画のよいところは,ご都合主義的な流れになっていない点だと思います。
レビューの中で挙げられている「みかんの丘」もとても素晴らしい映画でした。国同士が争っていても個人と個人の間には友情は成立するということですね。
初めての訪問ですが,この2作品のTBをお願いいたします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kamieru

Author:kamieru
かみえるです☺️🌷
三匹のにゃんずと地味に暮らしています。
映画や猫、テニス(錦織くん)、
日常のことを書こうと思います。
ご訪問、コメント歓迎です❤️
よろしくお願いします☺️✨

月別アーカイブ