FC2ブログ

記事一覧

生きてるだけで、愛

20190515193637b46.jpg
 
2018   109分 日本

人気劇作家兼小説家の本谷有希子の同名小説を「水の声を聞く」の趣里と「あゝ、荒野」の菅田将暉の主演で映画化した恋愛ドラマ。自意識が空回りしてエキセントリックな言動を繰り返すヒロインと、すべてを諦め何事も受け流すだけの男の不器用な愛の行方を描く。共演は仲里依紗。監督はCMやミュージックビデオを中心に活躍し、本作が長編劇映画デビューとなる「太陽の塔」の関根光才。
 津奈木と同棲して3年になる寧子だったが、鬱のせいで過眠症になり、家事もせずに引きこもり状態が続いていた。一方、週刊誌の編集部で働く津奈木も仕事にやり甲斐を感じることもなく、夢を早々に諦め淡々と日々を送るだけ。寧子が感情のままに理不尽な態度を取っても静かにやり過ごすばかり。それがさらに寧子を苛立たせてしまう。そんなある日、寧子の前に津奈木の元カノ安堂が現われる。津奈木に未練いっぱいの安堂は2人を別れさせようと、寧子の社会復帰に向けて世話を焼くのだったが…。


allcinemaより

2019051519370499d.jpg20190515193657049.jpg20190515193648381.jpg

とても辛い話でした。寧子が躁と鬱を繰り返すのですが、精神疾患に詳しくない私が見ても明らかに症状が深刻なので、何故診察を受けないのか、何故津奈木は寧子を引きずってでも病院に連れていかないのかという基本的なところが引っかかりました。
寧子のお姉さんもとにかく社会復帰させようと常に葉っぱをかけるのてすが、その前に病院です。
登場人物の誰一人としてそういう話が出ないので、それが見ていてとても違和感がありました。

寧子が危うくて見ていられませんでした。ビルの屋上のシーンでは飛び降りないかヒヤヒヤ😣
お料理をしようとして上手くできずパニクるシーンでは、画面に向かって何度も「大丈夫だから。落ち着いて」と言ってしまいました。見ている方もかなり辛い映画ですね。

趣里さんいい女優さんですね。当初はバレリーナを目指していたが、怪我で断念し、その後女優に転身されたということですが、夢だったバレリーナを諦めたときにかなり辛い精神状態だったそうなので、現実がままならずもがき苦しむ寧子の辛い気持ちに共感できる部分があったのではないでしょうか。

趣里さんのお顔が丁度水谷豊と蘭ちゃんを足して割った感じなので、傷だらけの天使やキャンディーズをリアルタイムで見てきた世代としては、お嬢さんこんなに立派になって😢と感無量の気持ちです。
余談ですが二世と言えば、三浦貴大さんを見る度に涼しげな目元が百恵ちゃんにそっくりだなといつも思ってしまい、彼を通して百恵ちゃん、昭和が脳内に甦ります😅

寧子と付き合うにはよっぽど心が広い人しか無理だから、津奈木と3年同棲していることも、仕事をするにしてもあんなに簡単に見つかる訳が無いし(今時はアルバイトも簡単に無い時代ですから。職種にもよるでしょうが。)、何より「精神的に不安定だし気絶とかする」と言っている人を普通は雇いませんよね。そういう諸々の事情がある人たちを受け入れてきた企業は別として。そこら辺は非現実的だと思いました。でも世の中にあの店の人たちの様な心優しい人たちが沢山いればいいなと思います。

寧子が青いスカートで疾走するシーンは津奈木が言うように美しかった。額の赤が鮮烈だった。でも洋服の不法投棄はいけません。

★★★

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kamieru

Author:kamieru
かみえるです☺️🌷
三匹のにゃんずと地味に暮らしています。
映画や猫、テニス(錦織くん)、
日常のことを書こうと思います。
ご訪問、コメント歓迎です❤️
よろしくお願いします☺️✨

月別アーカイブ