FC2ブログ

記事一覧

真実

2019101715133824f.jpg

 
 2019       108分  フランス/日本



前作「万引き家族」がカンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた是枝裕和監督が、フランスを代表する女優カトリーヌ・ドヌーヴを主演に迎え、日仏合作で撮り上げた家族ドラマ。国民的大女優とその娘が、母の自伝本出版をきっかけに、改めて自分たちの過去と向き合っていく愛憎の行方を繊細かつ軽妙な筆致で綴る。共演はジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホーク、リュディヴィーヌ・サニエ。
 フランスの国民的大女優ファビエンヌが、『真実』という名の自伝本を出版することに。海外で脚本家として活躍している娘のリュミールは、人気テレビ俳優の夫ハンクと娘のシャルロットを伴い、パリ郊外のファビエンヌの屋敷を訪ねる。お祝いの名目でやって来たリュミールだったが、気がかりなのは本の中身。事前に原稿チェックができなかった彼女は、さっそく出来上がったばかりの『真実』に目を通す。翌朝、リュミールが苛立ち紛れに内容のデタラメぶりを非難すると、“真実なんて退屈なだけ”と平然と言い放つファビエンヌだったが…。

allcinemaより

2019101715135809e.jpg20191017151415b8b.jpg20191017151350ed6.jpg

別作品を観ようと思っていたのですが、これが最寄りの館で上映されているのを知り、私の本能が観に走っていました(笑)
レビューを見ると吹き替えで観たという人も多かったですが、私が観た館では字幕と吹き替え両方有り、私はできる限り字幕で観るので迷わず字幕版をチョイス。この地域は字幕版が来ない場合が多く、その場合私は遠出して字幕版を観に行くので、今回は最寄りで観れたというのはラッキーでした。

とても良かったです❗映画館まで行った甲斐がありました。元からフランス映画が大好きだし是枝さんも基本好きだからか、最近映画館で観たものの中では一番ヒットでした☺️
これフランス映画じゃん!と思いました。フランス人監督作品とは微妙に違うとは思いますが、フランス映画として違和感が無かったです。ということはフランス映画が好きではない人が見ると面白くないのかもしれません。

ストーリーはよくある感じかもしれませんが、俳優達の演技が良かったです。驚いたのはビノシュ。ドヌーブは好きですが、ビノシュは今まで出演作品を見て感動したことは一度も無いけど、本作での演技は印象的でした。ドヌーブは好き勝手に生きてきた女性という役どころが、『ルージュの手紙』のそれと重なったので(お酒も煙草もする、派手ないでたち、我儘な性格も共通。ついでにレオパード柄の服を好む🐆)、観ながら頭の中でWカトリーヌ(フロとドヌーブ。ルージュの手紙で共演。)がぐるぐるしました🌀あれも母娘の話だったので(義理の娘だけど)。売れない役者でアルコール中毒気味のビノシュのダメンズ夫役イーサン・ホークも最高でしたね😆👍二人の娘役の女の子がまた最高にキュート。彼女はアメリカ暮らしの設定ですがバイリンガルなのでフランス語と英語を話すのですが(殆どフランス語だけど)、彼女の話し方がとても可愛いので、こういう点もやっぱり字幕版の方が楽しめると思います。他の脇役達、特にドヌーブの執事(マネージャー)と、恋人が良かったです。

個人的に一番ツボだったのは台詞がエスプリが利いていたことですね。一番印象に残っているシーンはドヌーブと恋人の会話。恋人がドヌーブにもっと謙虚になって周りの人たちに感謝した方がいいと嗜めると反撃されます。そういうことを面と向かって言うところがあなたの男としての最大の欠点なのよと。そこで彼が謝るんですね。(流石です。こういう時にさらっと謝れなければ大女優の彼なんてできません笑)ドヌーブは「素直に謝れるところがあなたの長所ね」と。そのあと恋人が昨日作ったデザートの話になります。恋人は元シェフだったらしく、家でも料理は彼がしています。ドヌーブはあれよりティラミスの方がいいとか言いながらも彼の料理の腕を誉めます。
「長所が二つね。二つもあれば十分生きていけるわ☺️」
この台詞最高でしたね。こういう会話は邦画にはまず無いので素敵でした。
 ドヌーブとイーサン・ホークが二人で呑んで、ドヌーブがおやすみのキスをしたあとイーサン・ホークがビノシュのところに行って言う台詞。このエピソードもフランス映画ならではで最高でしたね
😚➰💋(詳しくは作品をご覧ください😆)

是枝さんの作品は全部見ている訳ではありませんが、今まで何本か観てきて共通していると思うところは「人間というのは基本しょうもない生き物であり、人格というものは簡単に変わるものではない。」という印象があります。(是枝作品とは関係ないですが、先日レビューした『家族の難題』でも痛感したことですね(主人公の女性が最後まで強烈で
( ゚Д゚))。本作でもそれは変わらなかったなと思いました。

この作品はマイナーなのですね??あまり評価も高くない様ですね。IMDbにも一つしかレビューが無いし、ロッテントマトに至っては作品自体がヒットしません。まあアメリカじゃ無理でしょうね。ヨーロッパでは少しは評判になっても良さそうな気がするのですが、あまり多くの国では上映されない様ですね?日本でも『万引き家族』の様には話題にならないみたいですが、私は万引き家族より遥かに好きでしたね。

ストーリーと演技以外ではドヌーブのファッションを観察するのがとても楽しかったです❤️特にジュエリー。基本goldでboldでしたね✨それが華やかなドヌーブには似合います。

20191017180620d41.jpg

巻き髪と襟のビジュ-が素敵です❤️
豹柄は『ルージュの手紙』でも沢山着ていたので好きなのかなと思いました。

20191017152957eab.jpg


『ルージュの手紙』でもカトリーヌ・フロが助産師の役なので基本地味な雰囲気で、ドヌーブが派手で。本作ではビノシュが裏方の仕事の人なのもあって地味ないでたちで、ドヌーブが派手というコントラストが印象的なのも同じでしたね。次は違う感じの役で見てみたいです☺️

猫が出てこないフランス映画も久しぶりに観ました👀🐈大体必ず何処かにチラッとでも出ますが。犬と亀がいましたが☺️庭で大きな亀を放し飼いできる環境がいいですね(でも寒くないのかな?)。豹柄のコートを着て犬の散歩するドヌーブが素敵でした。

★★★★★★★







コメント

ラティファさん

こんにちは☺️

ワタシはラティファさんと鑑賞している作品が結構被っており、とても嬉しく思っています🥰

若い頃のドヌーブはあまりにも美しすぎて、同じ人間と思えなかったので、今やっと普通の人になったという印象です。
それでも勿論ゴージャスですよね‼️
長きに渡って現役を続けているところも嬉しいです。身体が続く限り現役でいてほしいです。

No title

こんにちは!
おおおー、とてもこの映画が気に入られたのですね。
是枝作品と、フランス映画お好きなのね^^
私も好きです。

ドヌーブの巻き髪(写真にもある)が素敵でねえ、、、あのお年で、あの豊富で綺麗な金髪、すばらしいです。海外の作品で、いつも羨ましく思うのは、くせっけだから可能なのか、ヘアのまとめ髪、アップなんですよ。

ルージュの手紙も、以前見ました。
確かにキャラがかぶっていたかも。

http://latifa.blog10.fc2.com/blog-entry-1554.html

ひささん

そうなんですよね。英語でも他の言語でも字幕で観たいです私は。できる限りそうします。
声と話し方は映画の重要なファクターですから。
しかし字幕に拘るのは世界中で日本だけらしいです。

こんばんは

こんばんは。
今、話題になっている映画ですね。「ルージュの手紙」でもドヌーヴは貫禄がありましたね。相手役のフロやビノシュは好きな女優なんです。
映画はやはり字幕版で観るべきだと思います。だってフランス語を聴くのも楽しみです。演技は最初に発声法を学ぶといういいますしね。

まうさん

フランス映画の台詞は理屈っぽいのが多いですね。だから好きです(笑)
ドヌーブの恋人のドヌーブへの対応は日本人男性にはなかなかできませんね。とか言うと怒られちゃうかな😆

「義母あさんのキスしたところどこだと思う?ここ👆だぜ。」
あれ最高に好きでした。

あの母娘の溝は小さな女の子にも埋めることはできないくらい深いですが、それでも断絶していないのが凄いなあと思います。ドヌーブとキアラは仲良しなのかなあなんてふと思いました。

フランス映画でしたよね‼️
俳優さんの存在感が抜群❗️
男女の会話は、洒落ているし、
多少台詞が説明的なのかとも思ったけれど
それがまた、女優を中心に回っている家族という感じで。
是枝監督が、フランスでも
良い子役を使うなぁと。
あの女の子がすべての大人をうまく結びつけている感じで、すごく良いバイプレイヤーだと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kamieru

Author:kamieru
かみえるです☺️🌷
三匹のにゃんずと地味に暮らしています。
映画や猫、テニス(錦織くん)、
日常のことを書こうと思います。
ご訪問、コメント歓迎です❤️
よろしくお願いします☺️✨

月別アーカイブ