FC2ブログ

記事一覧

楽園

20191019105556e41.jpg

2019      129分  日本

 「64-ロクヨン-」「友罪」の瀬々敬久監督が吉田修一の短編集『犯罪小説集』を映画化したサスペンス・ドラマ。閉塞した田舎町を舞台に、12年の時を経て同じY字路で起こった2つの事件によって人生を大きく狂わされた3人の男女の過酷な運命を描く。主演は綾野剛、杉咲花、佐
藤浩市。共演に柄本明、村上虹郎、片岡礼子、黒沢あすか。
 田園が広がるとある地方都市。ある日、地域の顔役である藤木五郎の孫娘・愛華がY字路でこつ然と姿を消す事件が起きる。必死の捜索もむなしく、愛華が発見されることはなかった。それから12年後、愛華の親友でY字路で別れる直前まで一緒だった湯川紡は、いまだに罪悪感を拭えずにいた。彼女はひょんなことから地元の青年・中村豪士と知り合い、心を通わせていく。ところがある夜、再びY字路で少女の失踪事件が発生し、住民たちは12年前にも怪しまれた豪士への疑いを強めていく。そんな中、都会から地元へ戻ってきた田中善次郎は、万屋として村人の力になる一方、よかれと思って村おこしの実現に奔走するのだったが…。

allcinemaより


20191019105603802.jpg

実際の事件がベースになっているということで、ひたすら重い、救い様がなく重い、絶望的な内容でしたね。救いの部分も少しありますが、98%は絶望的です(私の感覚では)。精神的に落ち込んでいる人は見ない方がいいでしょう。

女の子が失踪する話ですが、キャンプ場の女児失踪事件の後なので見ていてこたえました。綾野剛さんは深いトラウマを持った少年の役で、その苦しむ様が激しく、衝撃的でした。見ていてトラウマになりそうでした。

佐藤浩市さんの役は文字通りの村八分になって破滅していく男性の役で、私が今まで観た佐藤さん出演作品の中で一番悲惨でした。善次郎(佐藤さん)が土を食べ続けるシーンは悲しすぎて言葉になりません🙇私は生まれてからずっと土着色の濃い土地には暮らしたことが無く、村八分の何たるかは知りませんが、本作の佐藤さんを見て、村八分ってこんなに壮絶なんだ😨やっぱり私は他方には住めないなと思いました。
佐藤さんの役のモデルになった事件をネットで読みましたが、ほぼ事実に則しており(庭にマネキンを置くところまで)感心しました。
善次郎は犬と暮らしており、犬を溺愛していました。善次郎の奥さんも犬が好きだった。善次郎と犬とのストーリーも胸が張り裂ける内容でした。先日観た『僕のワンダフル・ジャーニー』も感動しましたが、善次郎と犬のストーリーが一番辛かったし泣けました。
「善次郎さんは犬は好きですか?」
「(犬が)世の中で一番好きです😌」
涙なくして見れません😭今こうして書いていても涙が出ます😭😭

私は基本こういうシリアスでヘビーな映画が好きですが、しかし本作は中途半端な印象もありました。と言うのは豪士と善次郎がW主役という感じなのですが、そこがフォーカスが何処に絞られているのだろうという感じで作品として中途半端な印象だったからです。結局何を描きたかったのかなというのもよく分かりませんでした。
そして何よりも結局事件の真相が明かされないのでそれがもやっとしました。実話ベースであってもフィクションなのだから、落ちをつけるべきだと思います。豪士のトラウマの訳も説明されない。これは説明があってもよかったんじゃないかな。

愛華が行方不明になった日に、愛華と紡が学校帰りにじゃあねと別れる二股に分かれた道。この場所で愛華と紡、豪士、善次郎、善次郎の犬の運命が交錯していたのはドラマチックでした。

201910191212244ca.jpg

しかし見るからに危ない。こんなところを子供だけで歩かせては駄目🙅‍♀️

一番心に突き刺さったのは愛華の祖父(柄本明)が紡に言った
「愛華だけが死んで、何でおまえだけ生きてる」
残酷過ぎて信じられませんでした。
この人ってこういう意地悪な役が合うけど、意外性が無いので他のキャストも含めて(花さん剛さん浩市さん好きだけど。善次郎の奥さん役の石橋静河さんも好きです。お母さん(原田さん)に似てきたなあと思った。花ちゃんはシャケ(お父さん)に似ていると思う)個人的にはいつも同じ様な人(有名俳優)が出ているので、たまには殆ど知らない人で観てみたい。カメラを止めるな!みたいに。でもメジャー作品では不可能ですよね。

ご覧になる方はとてもヘビーなのでご注意ください。事件ものとしては中途半端な感はありますが、ヒューマンドラマとして見るとかなり壮絶ですね。


★★★★★☆








コメント

ラティファさん

こんにちは☺️
全体的に重くて辛い話でしたね。
幼児(でなくても子供たち)の失踪は本当に辛いですね。キャンプの女の子は同じように県民ということもあって本当に悲しいです。
何とか帰ってきてほしいです。

No title

kamieruさん、こんにちは!

>私は基本こういうシリアスでヘビーな映画が好きですが、
私もです。

>しかし本作は中途半端な印象もありました。と言うのは豪士と善次郎がW主役という感じなのですが、そこがフォーカスが何処に絞られているのだろうという感じで作品として中途半端な印象だったからです。結局何を描きたかったのかなというのもよく分かりませんでした。

↑ ↓ そうなんですよねー!私も同感です。

>そして何よりも結局事件の真相が明かされないのでそれがもやっとしました。実話ベースであってもフィクションなのだから、落ちをつけるべきだと思います。豪士のトラウマの訳も説明されない。これは説明があってもよかったんじゃないかな。

女の子が行方不明という事件、昔から絶えず起こってしまいますよね・・・
先日のキャンプ場の事件といい・・・

http://latifa.blog10.fc2.com/blog-entry-1606.html

Re: タイトルなし

やはりフォーカスを一つに絞った方がいいと思います。双方の事件がリンクしている訳ではないですからね。

私には幼児と小学生の女の子の孫がおりますので他人事とは思えず本当に辛いです。この世には行方不明の子供たちが沢山いますので。とても悲しいです。

佐藤さんの件は自分も実感するところがあります。本当に生きにくい世の中ですから。

たった今、見終わって帰宅しました。
うーん、ハードでした。
女の子の事件はキャンプ場の事件と関係ないはずなのにリンクしてゾワっとしました。
佐藤浩市のパートの事件は読み物を読んでいたので、この凄惨な事件のあらましを知ってはいましたが。
2つの事件を無理にリンクさせなくともよかったのでは、とも思いました。
誰にも救いは見えなかったし、生きている限りは生きていかなくてはならないと突き放される気もしたり。
見る方を選ぶ作品でしたね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kamieru

Author:kamieru
かみえるです☺️🌷
三匹のにゃんずと地味に暮らしています。
映画や猫、テニス(錦織くん)、
日常のことを書こうと思います。
ご訪問、コメント歓迎です❤️
よろしくお願いします☺️✨

月別アーカイブ