FC2ブログ

記事一覧

黄色い煉瓦

20200316213142538.jpg

20200316213214deb.jpg

番組ホームページより

たまたま見たのですがとても面白かったです。フランク・ロイド・ライトは知っていましたが、久田吉之助は存在を知らなかったので勉強になりました。安田さんと言えば『愛しのアイリーン』の衝撃が大きかったので、安田さんの顔を見るとどうも『◯◯◯◯ー‼️』が脳内にこだまします😅
本作も安田さんの熱演が凄かったです‼️本人(最後に吉之助の画像が出ました)と顔は似ていませんでしたが。この画像でした。

20200316214324951.jpg

安田さんは終始和服だったのでイメージと違いました。百年前にしてはお洒落だったのではないでしょうか。イケメンですし。

吉之助は大仕事を引き受けましたがこの物語によると体力的にも物理的にも無理があり仕事を果たせなかった。世間からは詐欺師と呼ばれたがしかし本人は仕事に対して真剣だったという話でした。吉之助を見限った政府の担当者は新しい工場で有田焼の大御所を吉之助の代わりとしたが、結局吉之助にしか黄色い煉瓦は焼けなかったというところがとても感動しました‼️😭クライマックスシーンで安田さんじゃなかった、吉之助が「(釜の火をもっと)燃やせー‼️」と何度も絶叫するシーンが圧巻でした。それと土を食べるシーンですね。焼く土を口に含んで何度も噛んでその粘り気をチェックするのですが、そのシーンを見て役者さんて大変だなあと思いました。『楽園』の佐藤浩市さんを見た時も思いました。あれでは浩市さんは土を呑み込んでいたシーンを見た記憶がありますので凄いなあと思いました。

まあしかし。吉之助は41歳で逝ってしまったのですね。何とも早い🙇お酒を沢山呑んでいた様でしたが。糖尿病だった様ですね。惜しい人を亡くしました🙇物語は死後百年にしてようやく評価が高まっているという言葉で結ばれていました。ずいぶん時間がかかりましたが吉之助の情熱(功績)が陽の目を見て良かったと思いました。

旧帝国ホテル

20200316221205206.jpg

実物を見たことはありません。ドラマの中で実物が出てきましたが、実際に使われている黄色い煉瓦の色が全部同じではなくて、煉瓦によって微妙に違ったのでとても味わい深かったです。。

去年黄色い煉瓦展という催しもやっていた様なので見た人は羨ましいです。

202003162224527f0.jpg

煉瓦じゃないのですが、先日ル・クルーゼのお皿をゲットした時に、これがストーンウェアというもので、日本語だと炻器(せっき)というものだと初めて知りました。
>半磁器、焼締めとも呼ばれる、陶器磁器の中間的な性質を持つ焼き物で、1100~1250℃で焼成する[1]。本来英語の"Stone ware"の訳語という。世界各地にあり、普通施釉せず、また絵付けも行なわれないことが多いかわりに、地肌の風合いが賞玩される。(wikiより)

焼き物の知識は皆無ですが、お皿を焼くのにもそんなに高温なのですね。勉強になりました。ル・クルーゼのお皿もとても綺麗な色なのですが、あの色は高温で焼かないと出ないのでしょうか。
当たり前ですが焼き物も奥が深いですね。

NHKは色々問題もある様ですが、この様ないい番組もやりますよね。さっきもラジオですがカルチャーラジオで慶應義塾長だった小泉信三が子供の頃面識のあった福沢諭吉について語っているインタビューを聞いてとても面白かったです。諭吉は御歳60歳で刀(野球のバットより重いもの)の素振りを一日何百回もやっていたそうです。まだ子供だった小泉信三はその様子を何度も見たそうです。その逸話を聞いてやっぱり偉人というのは心構えが違うのだなあと。
吉之助は呑みすぎて早く死にましたが黄色い煉瓦の伝説を残しました。





コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kamieru

Author:kamieru
かみえるです☺️🌷
三匹のにゃんずと地味に暮らしています。
映画や猫、テニス(錦織くん)、
日常のことを書こうと思います。
ご訪問、コメント歓迎です❤️
よろしくお願いします☺️✨

月別アーカイブ