fc2ブログ

記事一覧

雨の訪問者




1970   120分 フランス


地中海を臨む避暑地。雨のそぼ降る或る夜、夫の留守中に侵入して来た男をショットガンで撃ち倒す若妻。だが死体を断崖から捨て一息ついていた彼女の前にまたしても謎の男が現れる……。「さらば友よ」でブロンソンに惚れ込んだ脚本家セバスチャン・ジャプリゾが彼をモデルに書いたシナリオだけに、ブロンソンの魅力が良く出ている。監督は名匠ルネ・クレマン。「太陽がいっぱい」でフルに発揮したサスペンス演出がここでも堪能できるが、それ以外にもムード醸造が抜群。雰囲気豊かなスリラーになっている。


from allcinema


これは複数回見逃したので(録画しそこない)やっと見れて嬉しいです(^-^)
面白かったです☆
でも一度見ただけでは70%しか理解できなかった(^_^;)

冒頭で主人公のメランコリーが雨の外を窓越しに見ている中バスから怪しい男が降りてくるシーンで既に釘付けに(@_@。

ハリー・ドブス(ブロンソン)がメランコリーに執拗につきまとい若干乱暴なことをするのは見ていて気分が悪かったけど(ブロンソンにはどの瞬間もう~んマンダムな紳士でいて欲しいので)後半でそれが撤回されて良かった(^-^)

娼館にメランコリーを助けに行くドブスがカッコよかった
「勘違いしてるんだ。俺の責任なんだ。」
「俺の責任」と口にするのがいい奴だなぁと

(どうでもいい話なんだけど私はエッフェル塔のボトムを見るとどうしても『ブリキの太鼓』を思い出してしまう。お祖母ちゃんのスカートの中を(^_^;)

くるみでガラスが割れるシーンが沢山出てくるけど特に最後のそれ(ブロンソンの表情が)印象的で心に残った

現実的な話で夢が無いけど日本の場合地下室が既に無いしあったとしても住宅があるところで銃声がご近所の耳に入らないということがまず無いしそれ以前に銃自体が普通は住宅に無いので日本では有り得ない話だなぁと
メランコリーが死体を捨てた断崖も綺麗なところで人一人いないという環境が羨ましかった
でも逆に言うと物騒で危険ですね
でもああいう所って憧れます
変な人は怖いけど!

なかなか面白いと思う(メランコリーとドブスの存在自体が楽しめる)ので私的にはお勧めです

TV(BS)にて
☆☆☆☆☆☆☆



コメント

No title

のりさん


デビュー曲のスローモーション好きでした
名曲と思う

私は「おばさんA」です
♪特別じゃないどこにもいるわ(笑)


コマンタレヴー意味知りません(笑)

フランス語って読めないのも悲しいです
(/_;)


アヌーク・エーメさんは『ローラ』に超憧れます
生涯で最も憧れる作品の一つです

No title

かみえるさん。
マンダムのCMが大ヒットしたから社名をマンダムにしたと何かで言ってました。今でも有名企業ですからね。
明菜ちゃんはデビューからハマりました(笑)
フランス語は1つだけ知ってます。
「コマンタレヴー」(笑)「ご機嫌いかが」だったかなぁ。。
「小公女セーラ」で覚えました(笑)

No title

明るい菜ちゃん
とか書いてしまってすみません(笑)
入力ミスです

No title

あ!!

タイトルですが私が初めに拝見した時から
「PLEIN SOLEIL」だったので初めからことらのタイトルと思ってました
つまり以前のタイトルを存じません

これって聞いたことあるな~と思ったらそうそうあの映画の原題だったんですよね
映画の情報を見た時にこの原題を見たのを覚えています

私本の少しだけどフランス語習ったことありました
でも講師が嫌いだったのと(教え方が嫌いだった)フランス語って難しすぎて発音できないな~と諦めたのもあります


でも仏映画を観ている内に簡単な言葉を自然と覚えました
本当に短い一言「何故?」「私も」等(笑)

No title

私は映画に対して特に拘りはありません

新旧や国、監督等別にどうでもいいのです
もちろん多少の好みはありますけどね
タランティーノはあまり好きじゃないけどみたいな
でもジャンゴ観に行こうと思ったましたしあまり拘りは無いです

まぁ誰も知らない俳優ばかりが出ているほうが新鮮で好きだというのはあります
基本はヒューマンドラマ、サスペンスが基本好きでアクションは好まない(見ないことは無いけど)というのはあります

No title

のりさん


ジョ二デの年齢知らなかったので調べました


そうでしたか
私は少し下ですがほぼ同世代です(^-^)
最近若い人がマンダムって何ですかという質問を知恵袋でしてるのを見て喜んでいました(笑)

「これこそ本当のマンダムだ!!」
というニュアンスはマンダム(のCM)知ってないと伝わりませんよね(笑)

私聖子ちゃん大好きなんですけどこの世には明るい菜ちゃんファンが多いのがびっくりです
男性に多いですね
私も普通に好きですけど

No title

かみえるさん。

年齢は多分かみえるさんとそんなに違わないかと思います。
「ん~マンダム」を知っているなら(笑)
聖子・明菜世代ですね。ちなみに私は明菜ファン(笑)
多分、ジョニーデップやトムクルーズと日本の学年制度なら一緒ですね。私は3月生まれなので生まれ年は違いますが。わかりました?

私も以前に少し映画の話題をブログに書いた時は新しい映画ばかりでハリウッド映画ばかりだったです。
でもかみえるさんと話してると私も古い映画の記事を書きたくなってきました(笑)

タイトルは変えましたよ。変えて「PLEIN SOLEIL」にしました。

私も有料放送にするかどうか以前に迷ったんですけど結局そのまま。
今はテレ東の「午後のロードショー」を毎日録画してるだけです。

No title

そうですかやっぱりタイトル変えないのですね

相当アラン・ドロン大好きなんですね!!!

因みに追伸のコメントで大体年代分かりました(^-^)(想像だけど)

多分同世代かな?(分からないけど)

暗殺者たちも多分録画してあると思うんですよね

私は映画は主にTVの有料放送を録画して見ています

毎日でもないんだけどほぼ毎日(笑)映画を何本も録画するのですが録画する量と消費する量がほぼ反比例なので見てない映画がどんどん溜まっていくんです
私って馬鹿だな~といつも思うのですがそれでもどうしても録画するのを止められません

他のコメントは明日書きますね

今日は沢山地震があって心がざわざわして大変な日でしたm(__)m

No title

前『妹の恋人』という映画でジョニー・デップが手に持ったフォークで遊ぶシーンが好きだったんですが後からそれはチャールズ・チャップリンのコピーだったと知り驚いたのです

映画は全然詳しくないです
チャップリンの作品とか一つも見たことないのに詳しいなんて言えませんね
只ブログをやってて思うのは(まぁそんなに色々な人のブログは見てないのですが)古い映画の記事よりも近年の映画の記事を書いてる人の方が多い気がします
あとハリウッドムービー好きな人って多いですよね

私は別に何処の映画でも気にしないのですがどちらかと言うとマイナー系が好きなんですよね
制作費に凄くお金かかってるものよりお金かかってないタイプがすきですね
そういう映画は心理描写に重点が置かれているからです

No title

Tsutayaの店員さんじゃないですよ~(笑)
素朴な疑問ですけどNoriさんはお幾つくらいですか?
お若いのでしょうか??
何となくでいいから教えてください
アラン・ドロンが好きでブロンソンを知っているということはそんなにお若くはないのかと??
(詮索してすんまそん)

すんまそんでウケてくれた人は初めてです(笑)まぁ笑ってくれれば嬉しいですよ(*^^)v

2、30本凄いですね~~
私基本のところ見てないんですよ
太陽がいっぱいも見てないんですよね~
リスボン特急は録画してあるんだけどみれてないんですよ
あっネタばらししないでねっ☆(笑)

>民放で「ツーリスト」が放送されて髭のジョニーデップが「冒険者たち」という映画のドロンの髭面とそっくりだなと思いました。

ジョニー・デップはそういうこと意識してるかもしれませんね

No title

追伸。
結局、表題は「PLEIN SOLEIL」にしました。
「太陽がいっぱい」の原題です。

も1つ。私がドロンのファンになったのは小学生の時「日曜洋画劇場」で西部劇「レッドサン」を見てからです。日本の三船、フランスのドロン、アメリカのブロンソンの競演の映画です(その時ドロンは悪役)

No title

かみえるさんってtutayaの店員さんじゃないかってくらい映画に詳しいですね(笑)
昨日、コメしたあとにアランドロンの記事1つ見つけてビックリしましたが2つあったとは。。
アランドロンの映画は2~30本は見ているのですが(かなり昔で記憶が薄いのもありますが)「あの胸にもういちど」は見ていません。
多分、「太陽がいっぱい」で有名になる以前の初期の頃の作品かと。
今まで気がつかなかったのですがこの前、民放で「ツーリスト」が放送されて髭のジョニーデップが「冒険者たち」という映画のドロンの髭面とそっくりだなと思いました。

雨が好きな人はなかなか珍しいかと(笑)
でも私もその時の状況にもよりますが嫌いではないですね。
しとしと降る雨がたまらない時があります。

「すんまそん」・・久々に聞きました。爆笑もんです(笑)

まさか・・「男と女」もあるとは。。
その映画も大好きな映画です。そのコメントは記事で。

No title

途中で切れてました

真央ちゃんソチで引退らしいですね?

びっくりしました

あと誤字がありました

×『あの胸のもういちど』
○『あの胸にもういちど』

×愛に
○会いに

でした
すんまんそん


あと60年代のフランス映画はラブロマンスの最初のページに『男と女』があります(^-^)
この映画も大好きです~(〃∇〃).。oO○

No title

のりさん

ブログを『雨の訪問者』という表題に?
とても素敵だと思います☆

因みに私は雨が大好きなので余計いいですね!(笑)
雨の日って静かで好きなんです
ホッとできて

アラン・ドロンの映画の記事一つありました

http://blogs.yahoo.co.jp/iguessitspolite/5683019.html


あとこちらも


http://blogs.yahoo.co.jp/iguessitspolite/10703419.html
よろしければごらんください(^-^)

アラン・ドロンは特にファンではありませんが(すみません)最近世にも怪奇な物語で彼を見た時凄くハンサムだな~と思ったのと才能のある人なんだな~と思いました

さっき雨が好きと言いましたが『あの胸のもういちど』でマリアンヌ・フェイスフルがアラン・ドロンの家に愛に行った時確か雨だった記憶があるのですがあのシーンが凄く素敵だったな~と


>「雨の訪問者」の曲で浅田真央ちゃんが滑ってくれればかっこいいのになぁと思います。

きっと素敵でしょうね

No title

かみえるさん。
ブログの表題を変えようとして何がいいかなぁと思ってたところ私の好きな映画の1つで「雨の訪問者」の響きが好きなものでそれにしようと。
で「雨の訪問者」を表題とか記事にしてる人はいるのだろうか」というわけでここにたどり着いたという事です。
私が大好きな俳優は子供の頃からアランドロンなんです。
世代は違うのですがアランドロンをきっかけにフランス映画が好きになりアランドロンとの共演がきっかけでブロンソンといった感じです。
いつも思うのですがこの「雨の訪問者」の曲で浅田真央ちゃんが滑ってくれればかっこいいのになぁと思います。
フィギュアに合ってる曲だと思うのですが。。

No title

noriさん


不思議なんですが新しい作品の記事だとほぼ皆無なんですが古い映画の記事を書くと検索して来てくださる方がいてこの映画の記事に会えて嬉しいと言ってくださるんです
ブログをやってて最も嬉しい瞬間ですね
o(^o^)o

フランシス・レイだっんですね!
ルグランもだけどフランス人て美的感覚が違うんだな~と思います


記事中にも書きましたが私も最後のくるみ(ブロンソンのそれ)が好きです
どうも惚れた様だがもう二度と二人の人生が交錯することはない・・・これこそ真のう~んマンダムです(T^T)(笑)

No title

女性がこの映画を知ってるなんてビックリです。
この頃の映画が好きな理由は私的には音楽です。
もちろん内容もある程度伴っての事ですがこの映画の音楽は全て完璧ですね。っていっても2曲だけ?(笑)
フランシス・レイのメインの曲とBGM的に全体に流れる曲。
私は結婚式のシーンと最後にブロンソンが胡桃を投げてガラスが割れちゃうシーンが好きです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kamieru

Author:kamieru
かみえるです☺️🌷
三匹のにゃんずと地味に暮らしています。
映画、私の猫のこと、テニス、通販で買ったもの、その他日常のことを書こうと思います。
ご訪問、コメント歓迎です❤️
よろしくお願いします☺️✨

月別アーカイブ

カテゴリ