fc2ブログ

記事一覧

ダニエルズ作品


2023032020184737d.jpg

最初に見たのがこれです。見たのは記事の日付から一昨年らしいです。当時は今をときめくダニエルズ(とは言ってもこれはダニエルズではなくて、監督の表記はダニエル・シャイナート単独になっています)の作品とは知らずに見ましたが、後からそうなのだと知りました。なるほどなと思い当たるものがありました。と言うのはまず設定がぶっ飛んでいること。それとダニエルズと切っても切れない(と思われる)下ネタがフィーチャーされていること。なんと言っても「ディック・ロング」ですから(;゚Д゚)タイトルにまで下ネタを持ってくるのかという。
でも私はダニエルズ関連作品で一番ぶっ飛んだのが実は本作かもしれません。と言うのはエブエブとスイス~はファンタジー(非現実)が入っていますが、これは一応現実の設定になっていまして、ネタはダニエルズらしく殆んどギャクマンガと言うかブラックコメディ?ナンセンスなんですが、それ故「そんな馬鹿な」の極致になっています。どっちかと言うと変態ビデオなどにありそうなネタだと思いますが、こういうネタを映画にするのが凄いなと。悪趣味とも思うけど。この作品はコメディにもなっていますが登場人物は面白かったけど私はストーリーは全然笑えないですね。



エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス(2022)

20230320202950215.jpg



平凡で冴えない人たちが実は本当のヒーローなのだというコンセプト以外は共感できるところが無かったです。印象を一言で言うとナンセンスを極めた作品。下品で目を背けたくなる汚いシーンが多いのが生理的に好みではない。描きたいことは凄く分かります。ある人がダニエルズの頭の中は一体どうなっているんだろうと本作を見ながら思ったと感想を言っていましたが私は逆にとても分かりやすいと思いました。自分の印象で言うとナンセンスギャグマンガの世界を実写で極めたという印象。子供のときにやったお馬鹿なことを大人になっても映画の中で次元を超えて思いきりやっているみたいな。うまく言えないけど。オスカーで見た二人のスピーチの印象は悪戯坊主だけど根は悪くない悪ガキがそのまま大人になったみたいな感じでしたが作風もそのままみたいな気がします。昔『ジャッカス』という番組をMTVでやっていたのですがダニエルズ作品を見ているとあれを思い出します。信じられないくらいナンセンスを極めた番組でした。
基本的に私はタイプではない。最後は感動するという評価ですが私は感動できなかった。何故かは分からないけど。
敵の女性が仔犬をヌンチャクの様に振り回す描写が嫌でした。ギャグだし犬はちゃんと無事であることも描かれていますが描写自体が不快でした。ディック・ロングも(★ネタバレ注意★)動物虐待ネタです。そこは不快ですね。そういうの本当に嫌い。
タイプ的には好きじゃないけど面白かったという意見もあるけど私は特に面白くなかった。ミシェル・ヨーとキー・ホイ・クワンのアクションはカッコ良かった。

20230320205324fff.jpg

★★★


スイス・アーミー・マン
(2016)

202303202110331bf.jpg

本作は昨日見ましたがこれが一番良かったです。おならがフィーチャーされているあたりがやっぱりお下劣ではありますが(ゾンビ(?)が口から戻したお水を飲むのはびっくりだわ~😱)、これが一番主演の二人(特にハンク)の心情がストレートに伝わりました。水の中のシーンや終盤のクライマックスシーンは泣きたくなるくらい切なかったです。メニーの過去は分かりませんが、死に方や彼の言葉から幸福ではなかったことが窺える。ハンクも孤独だった。父親にいつも低能と言われていた(そういうこと言う方が低能だよ😡)。話したこともない片想いの女性を隠し撮りした写真をスマホの待ち受けにしていたのも切ない。孤独な2人が絆を育んでいく過程が良かった。ポール・ダノとダニエル・ラドクリフの演技も良かった。特にポール・ダノ素晴らしかった。彼はこういう苦悩する役どころがハマりますね。
一番最後のマニーの表情が印象的でした。思うにエブエブはビジュアルが盛り沢山すぎて心理描写がもう一つだったのではと(あくまでも個人の印象です)。別次元ごとに状況が違って設定が多かったし。本作は殆んど二人のシーンだったし平行宇宙も無いから二人の心理描写にフォーカスされていたのでシンプルだったしその分ストレートに伝わったのかなと。ずっとハンクがマニーのことを背負って旅をしていくところが既に切なかった😢普通ならあんな大変なこと誰もしないけどハンクはマニーを置いていけなかった。走れメロスを思い出してしまった。

★★★★★★★


ということで今度お下劣無しで作ってくれないかなと。
それだとダニエルズになりませんかね😑💧
個人的にはスイス・アーミー・マンのあの切なさをまた極めてほしい。

ダニエルズはプライベートではパートナーではなく(ゲイのカップルではない)、純粋なバディと言うか仕事仲間のところが珍しいですね。大学の同級生なのだとか。オスカーで見た感じもとても仲が良くてバランスも良い感じだったので(クワンがシャイナートに「こいつのお陰で夢が叶った」と言っていたシーンが良かった)末長くビジネスパートナーとしてバディとしてお幸せに❤️







コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kamieru

Author:kamieru
かみえるです☺️🌷
三匹のにゃんずと地味に暮らしています。
映画、私の猫のこと、テニス、通販で買ったもの、その他日常のことを書こうと思います。
ご訪問、コメント歓迎です❤️
よろしくお願いします☺️✨

月別アーカイブ

カテゴリ