fc2ブログ

記事一覧

すべてうまくいきますように

20230328_210145.jpg


2021     113分  
フランス・ベルギー

「8人の女たち」「Summer of 85」の名匠フランソワ・オゾン監督が、安楽死を決断した父と、戸惑いながらもわがままな父の最後の願いを叶えてあげようと協力していく家族の葛藤と絆をユーモアを織り交ぜ描いたヒューマン・ドラマ。出演はアンドレ・デュソリエ、ソフィー・マルソー、ジェラルディーヌ・ペラス、シャーロット・ランプリング。
 人生を謳歌してきた85歳のアンドレが脳卒中で倒れ、命は取り留めたものの、身体の自由がきかなくなってしまう。その現実を受け入れられず、彼は安楽死を決断する。娘のエマニュエルは父から協力を求められ困惑する。しかし頑固な父の性格を知る彼女は妹にも相談し、躊躇いながらもスイスの尊厳死協会に連絡を取ることに。そんな中、リハビリが功を奏し日に日に回復していくアンドレだったが…。

allcinemaより




安楽死がテーマのフランス映画らしい。それだけの事前知識で観ました。蓋を開けたらオゾン作品でソフィー・マルソー主演と知ってびっくり。ソフィーはうん十年ぶり?に見ました👀💡しかもシャーロット・ランプリングも出ている。

原作はオゾン作品でお馴染みの脚本家エマニュエル・ベルネイムの手記。実話ベースなんですね。ソフィー演じる主人公の名前もエマニュエルになっています。

一言で言うと本当に幸せなお父さん。これにつきます。たまたまですが同じテーマの作品を続けて見ました。『ロストケア』です。ロストケアは自身もぎりぎりの状況の中で老いた親の介護で苦悩する人々の話でした。
そこに出てくる人たちと本作のアンドレは180°状況が違うのです。面倒を見てくれる娘が二人いる(アンドレと同部屋の患者さんがエマニュエルに「お父さんは幸せですね。あなたがいて」と言うシーンが印象的。彼にはお見舞いに来る人がいなかった)。裕福。スイスは近くにある。死ぬのもお金がかかるけどそのお金もある。
ロストケアに出てくるある親子は貧困で狭いアパートに住んでいました。老いた父親の介護を一人息子が一人きりでやっていました。普通に生活していくお金もなく生活保護も受けられない。アンドレと彼らは天と地の差でした。世の中って本当に不公平だとこの2作を続けて見て思わずにはいられませんでした。


アンドレ(お父さん)はなかなか我が儘な人だった様で倒れてからも我が儘言いたい放題。エマニュエルが子ども時代の映像が出てきますが娘には優しくなかった。エマニュエルは(父に死にたいと言われて)「最後まで最低野郎だ」と言っていた(でも父のことは愛していた)。しかもゲイだったので妻は悲しんだ。

☆☆☆完全ネタバレ注意☆☆☆

可愛がっていた孫の最後の演奏会も途中で居眠り(苦笑)。お気に入りのウェイターがいるレストランで最後の晩餐。しきりにウェイターの名前を呼んでお礼を言う(笑)。長女の誕生日は覚えていたけれど次女の誕生日は覚えていない(か気にしていない)。「救急車の運転士(男性)たち可愛いね❤️」(笑)。この辺のユーモアは楽しかったですね。重いテーマの話だけどクスッとさせてくれました。お父さんの性格を分かりやすく描いていましたね。我が儘だけど憎めないタイプ。最後まで人生を楽しんでいた。でも端から見るともう少し家族に思いやりがあってもいいのではと思いましたね。私が娘ならちょっと恨んだかも。多分。裕福な暮らしができたのは感謝するけど(遺産も娘たちが相続すると言っていました)。

もう一度同じことを言うけど本当に幸せなお父さん。85歳は長生きだしそれまで人生を謳歌できたのだから。最後も自分の望む様に幕引きできて。最高の人生だった様に思えます。

この作品を見ていて『プラン75』や自殺ほう助を受けて自殺した評論家の男性を思い出しました。アンドレみたいに恵まれた立場の人でなくとも死ねるように日本でも尊厳死を認めてほしいですね。

因みに本作では死ぬ為に自分で薬(液体)を飲むという方法でした。初めて知りました。個人的には注射がいいなあ。

高齢で自死を選んだ映画は以前『92歳のパリジェンヌ』を見ました。これも実在のモデルをベースにした話の様でしたが、(★★ネタバレ注意★★)こちらではスイスには行かずに自宅で薬を飲んでいました。『ハロルドとモード』もそうでしたね。これは違法になりますが。


シャーロット・ランプリング。出番は短かかったですが、いつ見てもあの険のある顔が最高です。何も言わなくてもあの顔を見ているだけで満足です。
ソフィー・マルソーは1966年生まれということで57歳ですか?今も変わらずに綺麗で若い頃より素敵かも。

オゾンにしてはシンプルな作りでしたが原作者へのリスペクトかと。でも表現の仕方はやっぱり良かった。特に終わり方が良いです。重要なシーンは一瞬。あれがいいですね。ロストケアと対照的です。ロストケアは事件だし不幸に死んでいく人たちの話なので根本が違いますが表現はくどいかなと思うところはありました。

ということで本作は一言で言うと、お金持ちは死に方も選べていいですねという話でした。プラン75やロストケアの方がずっと身近なので現時点では自分には関係ない世界の話ですがオゾンはやっぱり好きです。


★★★★★★☆

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kamieru

Author:kamieru
かみえるです☺️🌷
三匹のにゃんずと地味に暮らしています。
映画、私の猫のこと、テニス、通販で買ったもの、その他日常のことを書こうと思います。
ご訪問、コメント歓迎です❤️
よろしくお願いします☺️✨

月別アーカイブ

カテゴリ